TKO 木本武宏さんの巨額の投資トラブルの内容 被害にあった芸能人は?

お笑いコンビ「TKO」木本武宏さんが松竹芸能との契約が終了したことが報じられました。
5億円以上にも及ぶ投資トラブルが背景にあることが判明しており、テレビ、ラジオ各局が出演番組の打ち切りや降板を次々に発表するなど影響が広がっています。

芸能人の中にも多くの投資をしていた人もおり、全容が明らかになっています。

「TKO」木本武宏さんに何が起こったのでしょうか?

巨額投資トラブルの内容

木本さんは以前から仮想通貨などに投資し、経済誌のオンライン版にも投資連載を持っていました。
以前から交流のある芸人やタレント、知人などを投資に勧誘しており、総額5億円以上の資金を集めていたといいます。
しかし、、資金の大半を預けていたビジネスパートナーと連絡がつかなくなり、配当金の支払いが滞っていたことでトラブルが発覚したようです。

木本さんは芸人仲間からも多く資金を預かっていたようです。

お笑いコンビ、平成ノブシコブシの吉村崇さんから約3000万円を投資させていたことも判明しています。
昨年11月放送のバラエティー番組で「仮想通貨で大損しました。貯金、マジ100分の1ぐらいです。来月の家賃払えるかな、ぐらいまでになった」と激白していました。

野性爆弾のくっきー!さんも数百万円の投資を木本にしていたと言われており、木本さんが集めた総額は7億円以上ともいわれ、投資させていたタレントは数十人規模にのぼるとみられています。

木本さんは芸能界での信頼も厚く、詐欺をやるようなタイプじゃないと思われていおり、事件に巻き込まれたんだろうという意見が多くあります。

所属していた松竹芸能を即座に辞めるところも、迷惑をかけたくないという木本さんの人柄がでているように思われます。

自身のツイッターでも、「この度はお騒がせしてしまい申し訳ありません。本日をもって松竹芸能を退所することになりました。必ず近日中に事の経緯をきちんと説明させて頂く所存です。ご迷惑をおかけした番組・スタッフ・スポンサー・友人の皆様、またこんな私の事を応援してくださったファンの皆様に心からお詫び申し上げます」

と謝罪し、近日中の事態について説明すると明言しています。

投資の違法性

投資の助言とか運用とか仲介は金融商品取引法で金融庁に登録しないと違法になります。
もし無登録でやってた場合は罰則があり、犯罪になります。

資金を持ち逃げしたパートナーと一緒に会社を立ち上げてた可能性もありますが、無登録でやると金融商品取引法違反とかにはなるし、元本保証すると、それは出資法違反になるので、そのあたりも今後明らかになるものと思われます。

最新情報をチェックしよう!
>ブログでも情報を発信しています

ブログでも情報を発信しています

SeeSaaブログでもWEBサービスの情報を発信しております。割引や無料などの情報もありますのでお見逃しなく!!

CTR IMG