日本航空機が海上保安庁の機体と衝突 衝突後の機内の映像と脱出映像 海保側乗員5人はどうなった?

羽田空港のC滑走路で、驚くべき事故が発生しました。

日本航空の機体が着陸中に海上保安庁の機体と衝突し、炎上するという緊急事態が起こりました。

この事故により、多くの人々の心に不安と疑問が生じています。

特に、海上保安庁の乗員5人の安否が気になるところです。

この記事では、事故の概要と現在の状況、そして行方不明の海上保安庁の乗員6人について、最新の情報をお伝えします。

事故の概要

羽田空港のC滑走路で、日本航空の機体が着陸した直後に炎上しました。

初期報道によると、この事故は日本航空の機体と海上保安庁の機体が衝突したことによるものとされています。

羽田空港によると、JAL機はタイヤで着陸できず、胴体着陸した模様だと伝えています。
この事故により滑走路は走行できなくなっています。

JALによると、同便は新千歳空港を出発し、羽田空港に着陸したところでした。
乗客359人で、他に乳児8人が乗っていました。
乗員は12人で、計379人全員が脱出したことを確認しています。
乗客・乗員はスライダーを使って脱出しています。

事故発生後、東京消防庁からポンプ車など63台が出動し、消火活動が行われました。

現場の状況

事故現場の映像では、日本航空機の後方部分から炎が上がっているのが確認できます。

消防隊員たちは迅速に現場に駆けつけ、大規模な消火活動を展開しました。

幸い、日本航空機の乗客と乗員は全員無事であることが報告されています。

行方不明の海上保安庁の乗員

一方で、大きな懸念を抱えているのは、海上保安庁の機体に搭乗していた6人の乗員の安否です。
海上保安庁の飛行機には6人が搭乗していて1人が脱出しましたが、機長は機体から脱出して連絡が取れていました。

しかし、海上保安庁の機体に乗っていた6人のうち、5人の死亡が確認されました。

また、日本航空516便の乗員・乗客のうち少なくとも17人がけがをしていることが確認されたということです。

https://twitter.com/grachan_smile/status/1742125688851939465

海保機は能登半島地震対応で新潟の航空基地への物資搬送途中だったようです。

国交省は事故の原因と乗員の安否についての調査を進めています。

事故の影響

この事故により、羽田空港の運用に大きな影響が出ています。多くの便が遅延またはキャンセルされ、旅行者に混乱が生じています。

また、事故の原因究明と再発防止策の検討が急務となっています。

まとめ

羽田空港で発生したこの衝突事故は、多くの人々に衝撃を与えました。

事故の原因を明らかにし、将来的な安全対策を講じることが求められています。

この事故によって、航空安全への意識が一層高まることを願います。

最新情報をチェックしよう!
>日本の話題のニュースをお届け

日本の話題のニュースをお届け

CTR IMG