JAL飛行機炎上でペット(犬猫)は大丈夫なの?事故の際の荷物は補償される?

2024年1月2日、羽田空港での日本航空の飛行機事故は、多くの人々に衝撃を与えました。

幸いにも乗客400名は全員無事でしたが、多くの人々が心配しているのは、ペット(特に犬や猫)の安全です。

SNSでもペットの安全を心配する投稿が多くありました。

この記事では、ペットの安全性と事故時の荷物補償について詳しく見ていきましょう。

羽田空港飛行機の炎上でペット(犬猫)は大丈夫?

まず、重要なのはペットの安全性です。飛行機事故の際、ペットはどのように扱われるのでしょうか?一般的に、ペットは貨物として扱われ、乗客とは別の貨物室に置かれます。

これには、小型のペットを除く、犬や猫などが含まれます。

飛行機でのペットの預け入れの基本

  1. ペットの種類とサイズ: ほとんどの航空会社は、犬、猫、鳥、小動物などのペットの輸送を許可していますが、サイズや種類に制限があります。特に大きなペットや、特定の品種(例えば、短頭種)は、追加の制約を受けることがあります。
  2. 予約と手続き: ペットの預け入れは事前に航空会社に予約する必要があります。予約時には、ペットの種類、サイズ、重量などの詳細情報を提供する必要があります。
  3. 健康証明書: 多くの航空会社と国では、ペットを飛行機に乗せる前に健康証明書の提出を求めます。これは通常、出発の数日前に獣医師によって発行されます。
  4. 適切なキャリア: ペットは、航空会社の規定に合ったサイズとタイプのキャリアに入れられる必要があります。キャリアは通気性が良く、安全で、ペットが立ち上がったり、回転したり、横になったりできるほど十分な大きさでなければなりません。

貨物室での輸送

  1. 環境: 貨物室は通常、温度調節され、圧力が調整されていますが、ペットが乗客とは別の場所にいるため、ストレスを感じることがあります。
  2. 安全性: 貨物室でのペットの安全性は、航空会社の規定と飛行機の設備に大きく依存します。ペットの安全を確保するために、航空会社の評判やポリシーを事前に調べることが重要です。
  3. 料金: ペットの預け入れには追加料金がかかります。料金は航空会社や飛行距離、ペットのサイズによって異なります。

注意点

  • 天候と温度: 極端な天候や温度の条件下では、ペットの輸送が制限されることがあります。これはペットの安全を考慮した措置です。
  • 国際線の規制: 国際線を利用する場合、目的地の国の動物輸入規制を事前に確認する必要があります。
  • ストレス軽減: 飛行前にペットを運動させたり、飛行中はおもちゃやおやつをキャリアに入れておくことで、ペットのストレスを軽減できます。

JALの場合は持ち込みができません。

犬、猫、うさぎなどの小動物

小動物(フェレット、ハムスター、モルモット含む)に限り、受託の条件に満たしている場合はお預けいただけます。ただし、短頭犬であるブルドッグ、フレンチブルドッグはお預けいただけません。
パグ、チン、ボストンテリアなどその他の短鼻犬・短頭犬、ブルドッグ・フレンチブルドッグの雑種はお預けいただけます。
機内持ち込み不可。

今回の事故では、ペットが実際に搭乗していたかどうかの情報は錯綜していましたが、今回の飛行機には2件のペットの預かりがあったようです。

JALの広報部は、

「JAL516便では、2件のお預かりがございました。お預かりしたペットに関しましては、残念ながら救出ができませんでした。お悔やみを申し上げます。ペットのお預かりに関しましては、お客さまの『ご家族』を大切にお預かりする、という認識のもとお預かりをさせていただいております。この度は、お客さまやご家族の皆さま、関係の皆さまには大変なご心配、ご迷惑をおかけしていますことを深くお詫び申し上げます」

と発信しています。

事故の際の荷物は補償される?

次に、事故の際の荷物の補償についてです。

飛行機事故の際の脱出時における荷物の取り扱いは、乗客の安全を最優先するために非常に重要です。以下に、この状況における荷物に関する基本的なガイドラインと注意点を説明します。

脱出時の荷物に関する基本方針

  1. 荷物の放棄: 緊急脱出の際、乗客は個人の荷物を放棄し、すぐに脱出するよう指示されます。これは、迅速な脱出を妨げる可能性があるためです。
  2. 安全の優先: 脱出時に荷物を持ち出そうとする行動は、自身だけでなく他の乗客の安全も危険にさらす可能性があります。緊急時には、自身と他の乗客の安全が最優先されます。
  3. 脱出スライドの安全: 脱出スライドを使用する際、荷物を持ち込むことはスライドを損傷させる恐れがあり、脱出を遅らせる原因にもなります。

緊急脱出時の荷物の取り扱い

  • 機内持ち込み荷物: 緊急脱出時、オーバーヘッドビンや座席下の荷物はその場に残すべきです。これには、ラップトップやカメラバッグなどの貴重品も含まれます。
  • 貴重品: 貴重品は身の回りに保管することが推奨されますが、緊急脱出時にはこれらも放棄する必要があります。
  • ペットの扱い: ペットを機内に持ち込んでいる場合、緊急脱出時のペットの扱いは航空会社のポリシーによって異なります。しかし、多くの場合、人命救助が最優先され、ペットの救出は保証されません。

事後の荷物の取り扱い

  • 荷物の回収: 安全が確保された後、航空会社は残された荷物の回収と乗客への返却を試みます。しかし、これは事故の状況によって異なります。
  • 補償: 多くの航空会社は、事故による荷物の損失に対して一定の補償を提供します。詳細は航空会社のポリシーと保険規定に依存します。

ペットの安全と航空会社の対応

この事故を受けて、多くのペットオーナーは、ペットの飛行機輸送に関する航空会社のルール改正を望んでいます。

ペットは家族の一員であり、彼らの安全と快適性を確保するために、航空会社にはより良い対応が求められています。

例えば、ペット専用の座席や、ペットと一緒に搭乗できるようなサービスの提供などが考えられます。

まとめ

JAL飛行機の炎上事故は、ペットの安全性と航空旅行におけるペットの扱いについて、重要な議論を提起しました。

ペットオーナーとしては、旅行の際にペットの安全を最優先に考え、航空会社のペットに関するポリシーをよく理解し、適切な準備をすることが重要です。

また、航空会社には、ペットとそのオーナーにとってより良い環境を提供するための努力が求められています。

最新情報をチェックしよう!
>日本の話題のニュースをお届け

日本の話題のニュースをお届け

CTR IMG