大学無償化 3人以上にずるいの声 開始時期、年収条件、教材負担など詳しい条件は?

日本政府は、3人以上の子供がいる世帯に対して、所得制限なしで大学授業料などの支援を令和7年度から拡充する方向で調整していることが明らかになりました。

この政策は、少子化対策の一環として「こども未来戦略」に組み込まれ、家庭の経済的負担を軽減し、より多くの学生が高等教育を受ける機会を持てるようにすることを目的としていますが、不公平という批判が多くあります。

「こども未来戦略」とは


日本政府が策定した、若い世代の生活の質を向上させ子育て世帯を支援する政策で、以下のことを実施していきます。

①若い世代の所得増加
若者や子育て世代の所得を増やすことにより、経済的な安定を目指します。
結婚や子育てに対する経済的な障壁を減らし、若い世代の生活の質を高めます。

②社会全体の構造・意識の変化
社会の意識や構造を変えることで、子育てしやすい環境を作り出すことを目標としています。
職場での柔軟な働き方や子育て支援の充実などが含まれます。

③すべての子ども・子育て世帯への切れ目ない支援
子どもたちが平等に大切にされ、健やかに育つ社会を目指し、教育や保育、医療など子どもたちの成長に必要なあらゆる面での支援を行います。


今回の大学無償化については、3番に該当します。

従来の大学無償化の条件

従来の「大学無償化」は、2020年4月から導入された新しい高等教育修学支援制度で、経済的なハードルを下げ、多くの人が高等教育を受けることを促進することを目的としています。
この制度は、「給付奨学金」および「授業料等減免制度」の2つから成り立っており、これにより学生がより柔軟な形で支援を受けることが可能です。

この制度の対象となるのは、国が特定の要件を満たす学校の学生で、対象となる学校には、大学、短期大学、専門学校、および高等専門学校(4~5年生が対象)が含まれます。

利用条件として、学生は世帯年収などの要件を満たす必要があり、要件は家族構成などによって異なり、経済的に支援が必要な学生を対象としています。
また、学業面でも学習意欲が必要であり、成績基準に基づいて審査が行われます。
支給額は世帯年収によって異なり、年収が低い世帯ほど多くの支援を受けられます。

今回の大学無償化の条件

今回、子ども3人以上の家庭は2025年から所得制限なしで大学無償化する方針となります。

この政策の最も注目すべき点は、3人以上の子供を持つ世帯に対する授業料の無償化が、所得に関係なく適用されることで、従来の教育支援策が所得制限を設けていたのとは大きく異なります。

しかし、この「3人以上の子供」という条件には、いくつかの疑問が残ります。

例えば、子供の年齢範囲や、大学に通う子供の数に関する具体的な規定はまだ明らかにされていません。

また、2024年度からは、多子世帯や理工農系の中間層に属する学生に対して、返済不要の「給付型奨学金」と授業料減免が拡大することが決まっています。
現行の要件では、両親と子2人の世帯の場合、年収380万円未満が対象となっていますが、これを600万円に引き上げられます。

Q. 大学無償化はいつからですか?
A. 2025年度開始予定。

Q. 大学無償化の年収条件は?
A. 親の所得は関係なく適用されます。

Q. 大学無償化の対象大学は?
A. 大学無償化の対象学校は決まってます。文部科学省公式HPで確認できます。

Q. 大学無償化の財源は?
A. 税金や教育国籍から捻出されます。

Q.無償化の範囲は?
A.無償化政策は授業料のみ。教材費や生活費などの他のコストは負担されません。

政策の背景

この政策は、日本の少子化問題に対処し、教育へのアクセスを平等にするための一環として導入されています。

少子化が進む中、家庭の経済的負担を軽減し、子供を持つことへの抑制的な要因を取り除くことが狙いです。

また、教育の機会均等を促進し、将来の社会に貢献できる人材を育成することも重要な目標とされています。

政策の影響

この政策は、日本の教育システムに大きな影響を与える可能性があります。

一方で、このような無償化が大学の質にどのような影響を与えるかについては、様々な意見があります。

一部では、資金不足に苦しむ大学への支援策としても機能する可能性が指摘されています。

しかし、一律の無償化が果たして最も効果的な方法なのか、また、教育の質を維持しつつ、より多くの学生に教育の機会を提供するための最適な方法は何かについては、今後も議論が必要です。

SNSでの反応


今回、多子世帯だけへの無償化政策ということで、公平性の観点から一部で疑問視されています。
1人や2人の子どもを持つ家庭には同様の支援がないため、教育支援における平等性の問題が生じています。

まとめ

日本政府による大学無償化政策は、教育へのアクセスを拡大し、経済的負担を軽減するための重要な一歩です。

しかし、この政策の詳細や、長期的な影響については、今後さらに検討と議論が必要です。

教育は社会の基盤を形成する重要な要素であり、その質とアクセスの均等性は、将来の日本社会にとって極めて重要な課題です。

最新情報をチェックしよう!
>日本の話題のニュースをお届け

日本の話題のニュースをお届け

CTR IMG