大劇場公演中の雪組 『彩風咲奈さんの過呼吸』は何があった?

宝塚歌劇団(兵庫県宝塚市)の女性団員 有愛きいさんが急死した件で問題になっている宝塚。

最近、大劇場での雪組公演中に、主演の彩風咲奈さんが過呼吸で倒れるという事件が起こりました。

12月1日、宝塚大劇場で雪組公演が始まった。初日の終演後、トップスターの彩風咲奈は声を詰まらせながら「千秋楽まで元気に駆け抜けて参りたいと思います」と決意を語りました。

しかし、彼女は心身ともに限界を迎えており、12月5日、公演開始から70分後、突然緞帳が降り、45分間も中断されたのです。

舞台裏で一体何が起きていたのでしょうか?

宝塚歌劇団のような有名な劇団では、公演ごとに多くの期待とプレッシャーが演者にかかりますが、多くの雪組生が有愛さんの死と劇団の不誠実な対応に深く傷ついている。心と身体に鞭を打って舞台に立ち続けていることから彩風さんが過呼吸に陥ったようです。

この出来事は、劇団内外で大きな話題となり、多くの心配と関心を集めています。

彩風咲奈さんの過呼吸:背景と原因

彩風咲奈さんは、その才能と魅力で多くのファンを魅了してきた宝塚歌劇団の雪組トップスターです。しかし、このような地位は、極度のストレスとプレッシャーを伴います。
公演中に過呼吸で倒れた彼女の状況は、その重圧の現れと言えるでしょう。

過呼吸は、ストレスや不安が原因で起こることが多く、特に舞台上のような高圧環境では、そのリスクが高まります。
彩風咲奈さんの場合、彼女が感じていた責任感や、週刊誌による追及、連日の厳しいスケジュールが、この過呼吸の引き金になった可能性があります。

当時1年目の予科生は自分のベッドに入った時以外、「お疲れさま」「おはようございます」「すみませんでした」「ありがとうございます」「はい」「いいえ」の六つしか話せなかったようです。

上級生の言うことは絶対で、説教されたら「すみませんでした。すみませんでした」と謝り続けるしかない。寝られず、過呼吸になって泣きながら謝る予科生もいます。

宝塚音楽学校内の厳しい上下関係、それを背景にして常態化したハラスメントの実態を明かになっています。

このような異常な環境でのストレスも過呼吸の原因になっていたのでしょう。

劇団とファンの反応

この事件に対し、劇団は彩風咲奈さんの健康を最優先に考え、必要なサポートを提供しています。
また、ファンからも彼女への心配の声が多数寄せられています。


彼女の健康と幸福を願うメッセージが、SNSやファンサイトを通じて寄せられています。

彩風咲奈さんの回復と今後の活動

彩風咲奈さんは現在、回復に向けて努力しており、ファンや劇団のサポートを受けながら、ゆっくりと休養を取っています。

彼女の健康が最優先される中、今後の公演や活動については慎重に計画されています。

まとめ

彩風咲奈さんの過呼吸事件は、劇団界のプレッシャーとその影響を浮き彫りにしました。彼女の健康と幸福を願う声が多く上がる中、この事件は、パフォーマンスの世界におけるメンタルヘルスの重要性を改めて示しています。

彼女の回復を心から願い、今後の活動に注目が集まっています。

最新情報をチェックしよう!
>日本の話題のニュースをお届け

日本の話題のニュースをお届け

CTR IMG