京城クリーチャーは反日ドラマ?どんなストーリーなの?キャストは?

Netflixで配信される話題の韓国ドラマ「京城クリーチャー」。

このドラマは、1945年の日本統治時代のソウル(当時の呼び名で京城)を舞台にしており、そのため「反日ドラマ」との声も聞かれます。

しかし、実際のところはどうなのでしょうか?

この記事では、ドラマの配信情報、あらすじ、キャスト一覧、そして「反日」と言われる理由について詳しく見ていきましょう。

京城クリーチャーとは

「京城クリーチャー」は、Netflixで2023年12月22日から配信が開始された韓国ドラマです。

全10話構成で、パート1(全7話)が12月22日に、パート2(全3話)が2024年1月5日に配信される予定です。

このドラマは、1945年の京城を舞台に、人間の貪欲さが生み出した怪物に立ち向かう実業家と人探しの専門家の物語を描いています。

反日ドラマと言われる理由

このドラマが「反日ドラマ」と言われる理由は、舞台が日本統治時代のソウルであることにあります。1910年から1945年までの35年間、韓国は日本の植民地でした。この時代背景を持つため、一部では反日要素が強い作品ではないかという意見があります。

第1話では、新聞屋が号外で「大空襲以降日本は敗戦色が強まった」といった記事を出しているシーンなど、史実に基づいた描写がありますがグロテスクな表現も多くあります。

反日要素の具体例

  • 日本軍による人体実験:ドラマでは、日本軍が朝鮮人を使って行う恐ろしい人体実験が描かれています。これは歴史的な事実に基づいている可能性がありますが、ドラマのフィクションとしての側面も強いです。
  • 日本の軍人の描写:日本の軍人が横暴な振る舞いをするシーンがありますが、これは占領時代の圧政を反映している可能性があります。

『京城クリーチャー』は、歴史的な背景を持つホラーアクションドラマです。

反日要素は存在しますが、それがドラマ全体の主題ではなく、物語の一部として組み込まれています。視聴者がこれらの要素にどのように反応するかは個人差がありますが、ドラマとしてのエンターテインメント性は高いと評価されています。

ハン・ソヒは12月24日、自身のSNSを通じて「京城(キョンソン)のロマンではなく、日本による植民地時代のクリーチャーではなく、人間を手段化した実験のなかに生まれた怪物と対抗する、きらびやかで暗かったその時、その時代の人々の話、お互いがお互いを愛で抱いてこそしっかりすることができたその春」という文章と、数枚の写真を公開しました。

日本人からは「ショックだ、ファンを辞める」「いつも投稿を楽しみにしている日本人について考えたことがあるのか。ハン・ソヒがそんな人ではないと思いながらも失望した」「反日と見られても仕方がないようだ。残念だ」などと不満を示しています。

配信情報

Netflixでの配信は、パート1が2023年12月22日から、パート2が2024年1月5日から開始されます。

シーズン1が公開される前からシーズン2の公開も決定しており、撮影も完了しているようです。

第1話は人物紹介がメインで、物語の本格的な展開は第2話から始まります。

特に第2話以降はテンポが良くなり、スリリングな恐怖が味わえるようになります。

ただし、グロテスクなシーンも多いため、その点には注意が必要です。

あらすじ

1945年の京城を舞台に、実業家(パク・ソジュン演)と人探しの専門家(ハン・ソヒ演)が、人間の貪欲さが生み出した怪物と戦うクリーチャースリラーです。

2人の強烈な出会いと共闘、そして恋愛模様も描かれるとのことで、期待が高まります。

第1話では、日本軍が行っていた怪しい実験と、その結果生まれた怪物の存在が示唆されます。

主人公チャン・テサンは、日本軍によって捕らえられ、失踪した女性の捜索を強要されます。

一方、ユン・チェオクは10年前に失踪した母を捜しており、彼女の捜索にも繋がる重要な情報をテサンが持っていることが明らかになります。

キャスト一覧

インスタグラムでスライドになっています。
右の矢印をタップでメインキャストたちの姿を確認できます。

キャストは左から順番
1枚目パク・ソジュン(チャン・テサン)
2枚目ハン・ソヒ(ユン・チェオク)

3枚目はチョ・ハンチョル(ユン・ジュンウォン)パク・ジファン(グ・ガッピョル)キム・ヘスク(ナウォル夫人)

4枚目はチェ・ヨンジュン(加藤中佐)スヒョン(前田由紀子)ヒョン・ボンシク(一路院長)

  • パク・ソジュン(チャン・テサン役):京城の有力な資産家で情報通。
  • ハン・ソヒ(ユン・チェオク役):行方不明者や死者を見つける人探しの達人。
  • ウィ・ハジュン(クォン・ジュンテク役):テサンの親友で親日家の家族に疑問を抱く。
  • スヒョン(前田役):京城で権力を持つ前田屋の女主人。
  • キム・ヘスク(ナ・ウォルデク役):クムオク堂の執事。

まとめ

「京城クリーチャー」は、歴史的背景を持つ時代劇でありながら、人間の貪欲さが生み出した怪物との戦いを描くスリラーです。

反日要素については、実際のストーリーを見てから判断するのが良いでしょう。

豪華キャストによる演技と、独特のストーリーラインがどのように展開するのか、非常に楽しみです。Netflixでの配信をお見逃しなく!

最新情報をチェックしよう!
>日本の話題のニュースをお届け

日本の話題のニュースをお届け

CTR IMG