Clubhouse(クラブハウス)とは?話題のアプリの使い方を解説

今話題の、Clubhouse(クラブハウス)ってご存じですか?

フェイスブックやツイッター上に「Clubhouse(クラブハウス)の招待をしてください」という投稿が多く見られ、メディアでも紹介されており、名前を聞いたことがある方は多いでしょう。

Clubhouse(クラブハウス)は、音声版ツイッターと呼ばれるアプリでラジオのような使い方をする人が多いアプリです。
日本語の表示がないことと、招待を受けたユーザーのみが使えるアプリなので使い方がわからないという声もよく聞きます。

本記事では、今話題のClubhouse(クラブハウス)について使い方をわかりやすく紹介します。

「Clubhouse(クラブハウス)」とは?

Clubhouse(クラブハウス)とは、2020年3月にアメリカの会社がリリースした音声ライブアプリで、2021年1月に日本でリリースされました。

日本でも芸能人や有名人をはじめ、多くの方が使い始めて話題になっています。

Clubhouse(クラブハウス)は、「音声SNS」や「音声版ツイッター」と言われる音声版の新しいSNSです。
スピーカー同士の音声を聞くだけで、参加者の「いいね」や「コメント」などのやり取りする機能はありません。

スピーカーとして話さない人にとっては『音声ライブアプリ』のようなものです。

 

Clubhouse(クラブハウス)の特徴

Clubhouse(クラブハウス)の大きな特徴は次の通りです。

音声ライブのみ

Clubhouse(クラブハウス)は、音声ライブ機能しかありません。

音声配信のPodcastなどの音声メディアは、音声を収録してファイルとして保存しておいて、後から訪れた人に聞いてもらうことができます。

これらと比較して、Clubhouse(クラブハウス)は「ライブ」に特化しており、保存もできないし、後から聞くこともできません。

そのため、ライブで聞かなければ二度と聞けないという特徴があります。

いいね・コメント機能がない

Clubhouse(クラブハウス)には、いいね機能もコメント機能もありません。

ライブの開催者や権限を付与された管理者は、聞いている人(リスナー)を、話す人(スピーカー)に引き上げることができます。

配信者によっては「質問がある方は手を挙げてください」と伝えて、手を挙げたリスナーをスピーカーに引き上げて、一緒に話をしています。

Clubhouse(クラブハウス)は、とにかく話すか聞くかだけのアプリです。

フォローしないと始まらない

Clubhouse(クラブハウス)の仕組み上、フォローしている人がライブを開催したり、フォローしている人が他の人のROOM(ルーム)に参加したりした際に、ホーム画面にROOMが表示されるようになります。

つまり、誰もフォローしていない初期状態だと、ROOM(ルーム)が表示されていないか、表示されていても極わずかです。

フォローする人の候補は、通知機能で表示されたり、検索して見つかります。

フォローする数が増えれば、ROOM(ルーム)が表示されるようになって、徐々に輪が広がっていきます。

完全招待制

Clubhouse(クラブハウス)はアプリをダウンロードしただけだと利用できません。
ログインするには、既にClubhouseに登録しているユーザーから招待を受ける必要があります。

さらに一人が招待できる人数は二人までと決まっており、招待するには相手の電話番号が必要になります。

以下の条件をクリアすることで招待枠が増えることもあります。
・登録してから日数が経過する
・モデレーター(ルーム主催者)になる
・利用頻度を上げる
・フォロワーが増える

Clubhouse(クラブハウス)の招待方法と招待枠を減らさない方法

Clubhouse(クラブハウス)の招待枠は増やせる5つの方法とは?

英語表記のみ

アプリ内は英語表記です。
いずれ、日本人ユーザーの増加とともに日本語表記も実装されると考えられますが、現在は日本語表記はありません。

 

Clubhouse(クラブハウス)の使い方

 

注意点

・Clubhouse(クラブハウス)が利用できるのは18歳以上です。
・本名の登録は必須です。ニックネームは後で設定できるので、最初は本名で登録しましょう。
ニックネームで登録した場合、アカウントが削除されることがあります。
・2021年1月現在、Clubhouse(クラブハウス)が利用できるのはiPhoneのみです。

 

Clubhouse(クラブハウス)のアプリをダウンロード

 

以下のページからダウンロードできます。

iOS(iPhone)版のClubhouseアプリダウンロードページ

 

知り合いに電話番号を教える

Clubhouse(クラブハウス)をインストールするためには、すでにClubhouse(クラブハウス)をやっている知人に招待してもらう必要があります。
そのため、その知人に電話番号を伝え、電話帳に追加してもらいましょう。

自分を招待した人は自分のプロフィールにずっと名前が載るので、誰に招待をされるかも慎重に選ぶ必要があります。

送られてきたリンクからアプリに飛べば、アプリを使用開始できます。

フォローをしないとルームが出てこず話を聞くことができなくなるので、最初は誰かわからなくてもフォローしてしたほうがいいでしょう。

登録する

招待されたら、下記の手順で登録を行えます。

・Clubhouseアプリを起動します。
・【Get your username→】をタップします。
・クラブハウスに登録する電話番号を入力して【Next →】をタップします。
・SMSに届いた認証コードを入力して【Next →】をタップします。

 

・Twitter連携する場合は【Import from Twitter】をタップして認証します。
・後で行う場合は【Enter my info manually】をタップします。
・ユーザー名を入力して【Next →】をタップします。

 

 

・プロフィール画像を追加する場合は【写真アイコン】をタップ。後から設定する場合は【Skip】をタップします。
・連絡先へのアクセス権の許可を求められます。許可する場合は【OK】、許可しない場合は【Don’t Allow】をタップします。

・後から設定する場合は【Skip】をタップします。

・招待者をフォローする場合はチェックが入った状態で【Look good →】をタップします。フォローしない場合はチェックを外して下さい。

 

 

プロフィール画像の設定
・興味のあるカテゴリのユーザーを探せます。カテゴリを選んで【Find People】をタップしてユーザーを探してフォローできます。後で探す場合は【Skip】をタップします。
・Clubhouseアプリからの通知を受け取る場合は【Allow】をタップします。

 

 

以上でアカウントの登録が完了です。

 

ROOM(ルーム)内の役割

ルーム内で、ユーザーは3つの役割に分かれます。

① リスナー
リスナーはPodcastを聴くように、「聴くだけ参加」が可能です。

② スピーカー
スピーカーはルーム内で発言権限があります。

③ モデレーター
モデレーターは3つのポジションの中でもっとも権限レベルの高いポジションです。
ルームを立ち上げたユーザーに標準で付与されている権限で、スピーカー同様に発言することができます。

 

既存ROOM(ルーム)への参加方法

「ROOM(ルーム)」というのは、ラジオでいうチャンネルのようなもので、トークルームのことです。
トークを聞くにはその人のアカウントをフォローしておく必要があります。

聞きたいタイトルのルームを選択すればそれだけでルーム内での会話を聞くことができます。

既存のルームに入るだけだと、自分の出す音は周囲に一切聞こえないので心配いらないです。

ただ、右下にある挙手ボタンを押すと、ルームを開催したモデレータたちに知らされるので気をつけましょう。

ROOM(ルーム)には、ルームの企画者である「モデレータ」と単なる視聴者である「オーディエンス」がいます。

モデレータにのみ名前の横に緑の星マークが表示されます。

クラッカーのマークは、Clubhouseを始めて1週間経っていない人にのみつくマークです。

ミュートしている人はマイクのマークがつきます。

有名人のROOMに参加することもできます。
参加型の企画もありますので、好きな芸能人と話せるかもしれません。

Clubhouse(クラブハウス)芸能人やYoutuberの探し方とアカウント一覧

新規のROOM(ルーム)を作る方法

自分で新規ルームを作成する場合は、画面下にある「Start a room」を選択します。

「Open」「Social」「Closed」とあり、ルームの公開範囲を限定できます。

「Open」は不特定多数の人が自由に入退室できます。

「Social」は、自分のフォロワーのみ自由に入退室できます。

「Closed」は、自分の指定した人しかルームに入ることができないので知り合いとのみ雑談したい時などに使えます。

 

スピーカー(Speaker)として参加

ルームに参加後、スピーカーとして発言・参加したい場合には、2種類の参加方法があります。

1.Hands upして参加

画面右下にある 手のアイコンをタップすると、そのルームのスピーカーになり発言することができます。

2.Moderatorからの招待で参加

モデレーター(moderator)からスピーカーとしての招待を受けると、通知が画面上部に現れます。
参加したい場合には「Join as speaker」をタップしましょう。

 

 

ROOM(ルーム)の探し方

 

参加したいトークルームを探す方法には、全部で3パターンがあります。
自分がフォローしているかどうかによって異なり、それぞれの方法を見ていきましょう。

フォローしている人のルームの探し方

自分がフォローしている人がルームに参加している場合は、TOP画面に一覧として表示されています。
それ以外に探索する場合は、ルーム一覧画面を下にスクロールし、「Explore」をタップして更に検索できます。

相互フォローしている人のルームの探し方

TOPページ右下(「Start a room」の右)にある、丸が9つ並んでいる四角いアイコンがあるので、それをタップすると相互フォローの人が一覧で表示されるので、気になる人のアイコンをタップします。

次に出てくる3つの選択肢として、「1. Start a closed room together(一緒に非公開のルームを作る)」「2. Join the room they’re listening to(その人が視聴しているルームに参加する)」「3. View full profile(その人のプロフィール詳細を見る)」の中から選びましょう。

フォローしていない人のルームの探し方

TOPページ左上の「虫眼鏡(検索)」マークをタップします。
検索窓に、ユーザーネームや、心当たりのあるルーム名を入力してみましょう。

 

ミュートのやり方

 

クラブハウスのミュートボタンがないと思っている方も多いでしょう。
マイクマークはスピーカーにならないと出ません。
なのでリスナーとして参加する場合にはミュートボタンはありません。

スピーカーとして発言する時はそのままでいいのですが、それ以外の時は必ずミュートにすることが必須です。
ミュートにする方法は、マイクマークをタップするとマイクに赤い斜線がつきます。

自分がスピーカーにいて、話していない時はミュートにすることを忘れないようにしましょう。

Clubhouse(クラブハウス)を使う上で注意すべき点

Clubhouse(クラブハウス)を使う上で、現時点での注意点をまとめておきます。

名前は1度しか変えられない

名前の変更は一度しかできませんので、登録間違いに注意しましょう。

過去の知人にアカウントを見られる可能性がある

連絡先を同期するので、電話帳に登録している知人に顔出しがわかってしまいます。
久しぶりに見た知人の変わり様にびっくりすることもあります。

会話の内容に注意

他人の知的財産権を侵害するコンテンツや、下品やわいせつな会話はNGで、アカウント消される可能性もあります。
イメージとしては、公共の場で会話をしている時と同じです。

録音、メモも禁止

スピーカーの書面による同意なしに、会話のいかなる部分も録音することは禁止されています。

Clubhouse(クラブハウス)で知った情報を勝手に記事とかにするのも要注意です。

 

まとめ

Clubhouse(クラブハウス)の特徴、使い方について解説しました。

Clubhouse(クラブハウス)をまとめると以下になります。
・音声だけでコミュニーケーションを取る次世代SNS
・完全招待制かつ、iPhoneでのみ利用可
・いいね、コメント機能なし

今後多くの人が参加し新しいビジネスモデルが生まれるかもしれませんね。

今のうちに登録しておきましょう。

 

最新情報をチェックしよう!
>ブログでも情報を発信しています

ブログでも情報を発信しています

SeeSaaブログでもWEBサービスの情報を発信しております。割引や無料などの情報もありますのでお見逃しなく!!

CTR IMG