CBDオイル 今注目のリラックス効果があると人気のCBDオイルのおすすめ商品

今話題のCBDってご存じでしょうか。

CBDは大麻植物に含まれているカンナビノイドの成分のひとつカンナビジオールを配合していて、リラックス効果などがあるとして、さまざまな症状の改善が期待できます。

大麻と聞いて、違法と思うかもしれませんが、大麻植物の成分のうち、法律で取り扱いが厳しく定められているのはTHC(テトラヒドロカンナビノール)という成分で、CBD(カンナビジオール)は日本国内でも合法なので、心配はありません。
CBDは医療分野でも注目を集め、世界中で研究が進み、CBDの化粧品や食品が話題となっています。

CBDに関する商品はいろいろありますが、その効能から注目を集めているのがCBDオイル。

本記事では、大麻成分CBD(カンナビジオール)を含む人気商品CBDオイルについて紹介します。

CBDとは

 

CBDとは、別名をカンナビジオールと呼ばれ、大麻草に含まれる100種類以上の活性成分のひとつ。
大麻、とひとくくりに言っても、ヘンプから抽出されるCBDには マリファナと違い、ハイ(酩酊状態)になるような影響はありません。

大麻草にはカンナビノイドと呼ばれる100以上の薬効成分があり、 その中でもカンナビジオール(CBD)と テトラヒドロカンナビロール(THC)が代表的な2大成分と されています。

大麻の違法成分であるTHCは、マリファナに多く含まれ、精神に非常に強く作用するいわゆる陶酔成分。
大麻の有害性は、幻覚、妄想、学習障害、人格変化、パニック障害など。
その一方で、医療用大麻として、うつ病、免疫疾患、てんかん、片頭痛、統合失調症、睡眠障害などの改善に利用できるとも言われています。

CBDには依存性がなく、精神活性作用もないことから日本の法律で禁止されていないため、リラックス効果を謳った製品として、今、ネットを中心に人気を呼んでいるんです。

 

CBDオイルとは?

CBDオイルとは、大麻植物に含まれている成分のCBDを配合したオイルのことです。
発売しているのは海外のメーカーが中心ですが、日本のメーカーのものもあります。
種類は配合成分やCBDの濃度、フレーバーによってさまざまなアイテムが出ています。

 

CBDオイルの摂取の仕方

CBDオイルをはじめて摂取する人にとっては、どのように摂取したら良いのかわからいことも多いでしょう。
CBDオイルには摂取する方法がいくつかあり、摂取方法によってさまざまなタイプの商品が販売されています。

経口摂取

CBDオイルは直接口から摂取するという方法があります。
健康食品やサプリメントの感覚で気軽にCBDを摂取できますが、経口摂取なので作用効率はあまり高くありません。
CBDを経口摂取してから効果が出始めるまでの時間は30~90分と長めですが、その代わりに持続時間が6~8時間と長いのが特徴。

オイルの他にカプセルタイプやドリンクタイプなど、摂取しやすいように工夫された商品もあります。

舌下投与

CBDオイルは、CBDオイルを直接舌の裏側に垂らす舌下投与ができます。

90秒ほどで口腔内の粘膜から吸収され、毛細血管を通って消化器官や肝臓から血液内に入ります。
経口投与に比べて吸収がよく、作用効率が良いのが特徴です。

経口摂取より舌下投与のほうが効率的に摂取できるため、効果を高めたいときに便利ですが、手軽さの面では経口摂取より劣ると言えるでしょう。

吸引

CBDは、電子タバコとCBDリキッドを使用して、CBDを気化させ肺に直接取り込む吸引で摂取することができます。

CBD摂取の中では最も早く効果が現れますが、持続時間が短く2~3時間ほどで効果がなくなります。
また、経口摂取や舌下投与に比べて利用効率が良いのも特徴です。

吸引のためには電子タバコと専用のリキッドが必要となり、禁煙をしたいと思っている方に人気の摂取方法だと言えるでしょう。

経皮吸収

CBDオイルはパッチやジェル、CBDクリームやローション、軟膏等を直接皮膚につけ、経皮吸収させるという方法があります。

肌に直接塗るため利用効率が最も高いのが特徴です。
また、塗ってから作用するまでの時間も短く手軽に使えるというメリットも。
塗った部分の皮膚には作用しますが、血液内を移動することはないので、ニキビやふきでものなどで、皮膚の炎症を抑えたいときにおすすめの方法です。

CBDオイルの効果は?

 

CBDにはさまざまな効果があることが研究でわかってきており、主なところでは鎮痛効果、抗炎症効果、抗不安効果などが報告されています。
改善効果が期待できる症状を身近な例で挙げるとすれば、不眠症はそのひとつ。

CBDにはリラックス効果があるとされるので、寝る前に利用する人もいます。
そのほか抗炎症作用があることから片頭痛にも効果が望めます。

 

CBDオイルの副作用

CBDオイルは合法なので安全性が高いといわれていますが、副作用がでることもあります。

眠気が強くなる

高濃度のCBDオイルをたくさん摂取すると、リラックス効果が必要以上に作用してしまい眠気が強くなることがあります。
摂取後は運転や機械の操作などは控えたほうが良いでしょう。

 

食欲の低下

CBDを摂取することで食欲が減ることがあるので、ダイエット中の人が食欲を抑えるためにダイエット補助剤として使用されています。
ダイエット目的でない場合に食欲が低下する可能性があるのでご注意ください。

 

喉の渇き

CBDの典型的な副作用として、喉が渇くという症状があります。
健康を阻害したり、生活に強く影響したりするような強い症状が出ることは少ないですが、CBDの摂取後にいつもより喉が渇くことがあります。
こまめに水分摂取することで対処できる程度の症状ですので、それほど心配することはありません。

 

人気のCBDオイル

ブロードスペクトラム Greeus グリース CBD OIL DROP 飲むCBD 

 

Greeus CBD OIL
ディスティレート CBD とシンガポール産の MCT オイルを使用したブロードスペクトラム製品です。

●製品について
こちらのオイルはブロードスペクトラム製品となり、CBD 以外のカンナビノイドやテルペン類が含まれています。 約200種類のテルペン類のうちミルセンという成分は血液脳関門への浸透性を促して、通過できるカンナビノイドの量を増やし、その効果を高めることが示されています。 CBD 以外のカンナビノイドやテルペン類が含まれているので「アントラージュ効果」に大きな期待を寄せられます。CBD 単一のオイルとは一線を画した商品になっておりますので是非お試しくださいませ。

●商品の特徴
CBD 以外にも CBG や CBDV などのカンナビノイドを含んだブロードスペクトラム製品です。目盛付きスポイトの採用で摂取量がわかりやすくなっています。

●原材料
ブロードスペクトラム CBD
MCT オイル

●内容量
30ml

●CBD 含有量
1500mg

●CBD濃度
5%

●使用方法
必要に応じた回数を舌下に垂らして1~2分ほど留めた後に飲み込んでください。 一般的な摂取方法は舌下からになりますが、お飲み物に入れたり、肌に使用していただくことも可能です。

●原産国
Made in Japan(日本)

 

楽天市場で購入

ブロードスペクトラム Greeus グリース CBD OIL DROP 飲むCBD

 

その他のCBDオイルを探す

 

 

最新情報をチェックしよう!
>ブログでも情報を発信しています

ブログでも情報を発信しています

SeeSaaブログでもWEBサービスの情報を発信しております。割引や無料などの情報もありますのでお見逃しなく!!

CTR IMG