驚くほど速く乾く!アイリスオーヤマ サーキュレーター衣類乾燥除湿機 IJD-I50

雨の日がだんだん多くなるこれからの季節、室内に干した洗濯物がなかなか乾かず、生乾き臭などで憂鬱になりがちですよね。
梅雨時期の「洗濯物なかなか乾かない問題」は除湿機を使えば解消できます。
除湿器は部屋の湿気をとるだけのものでしたが、最近は「衣類乾燥機能」を搭載したモデルが増えています。
外に干せない家庭もあるので、除湿器で衣類を乾かす方も増えており、除湿器も衣類乾燥付きのものが主流になってきています。
本記事では、洗濯物が驚くほど速く乾く、アイリスオーヤマのサーキュレーター衣類乾燥除湿機 ホワイト IJD-I50をご紹介します。

衣類乾燥除湿機

花粉やPM2.5、黄砂の飛散といった環境問題から洗濯物を室内干しする人が増え、近年、除湿機は、「除湿機」ではなく「衣類乾燥除湿機」として販売されることが多くなりました。
ただ、基本的に衣類乾燥除湿機といっても除湿機と構造は同じで、衣類乾燥の機能を前面に押し出しただけです。

衣類乾燥を行ううえで重要になるのが、送風の機能です。送風の機能で洗濯物の乾きは大きく変わってきます。
衣類に風を効率よく当てるための送風の工夫、ムダな電力を抑えて乾燥するセンサーの有無や性能などが各社で異なります。
また、パナソニック「ナノイー」やシャープ「プラズマクラスター」といった、部屋干しによる雑菌の繁殖やニオイの発生を抑える除菌・脱臭機能も選びの決め手になるポイントです。

除湿方式の種類

除湿機選びで第一に押さえておきたいポイントが、除湿方式です。
これは湿度を下げる方法で、「コンプレッサー式」と「デシカント式」の2つが主流ですが、この2つの方式を1台にまとめた「ハイブリッド式」もあります。
ここではそれぞれの仕組みやメリット、デメリットを解説しておきましょう。

コンプレッサー式

エアコンの除湿機能と同じ原理で、室内の空気を吸い込んで冷却し、結露させて空気中の水分を取り除きます。
除湿できる量が多く、気温が高い季節ほど除湿能力を発揮するので、梅雨時や夏などにオススメです。
ただし、コンプレッサー(圧縮機)を内蔵しているため運転音が大きくなりがちです。

【メリット】
除湿できる量が多いので、湿度の高い季節に有効です。
デシカント式のようにヒーターを使用しないため、消費電力がデシカント方式のおよそ半分で済むうえ、室温があまり上昇しません。

【デメリット】
気温が低いと除湿力が落ちるため、冬場の結露対策には向きません。
コンプレッサー(圧縮機)を内蔵しているので、本体サイズや動作音が大きくなりがちです。

デシカント式

ゼオライトと呼ばれる乾燥剤に空気中の水分を吸着させて湿気を除去します。
吸着した水分をヒーターで温めて気化させ、再び熱交換器で冷やして水滴にすることで除湿します。

【メリット】
吸着した水分をヒーターで温めるため、気温に左右されずに1年中安定した除湿ができます。
コンプレッサーがないので、本体サイズや運転音が比較的小さいことも魅力。

【デメリット】
ヒーターを使用するため、消費電力が高め。
室温が上昇しやすいので、暑い夏に部屋の中には置けません。

ハイブリッド式

コンプレッサー式と、デシカント式の2つの除湿方式が搭載されているものをハイブリッド方式と呼びます。
デシカント式はゼオライト(除湿剤)と電気ヒーターを使う仕組みで、季節に関係なく安定的に稼働します。

【デメリット】
2つの方式を採用しているため、本体が大きくなり、価格も高くなりがち。

上で紹介したとおり、除湿方式によって運転音や消費電力に大きな差が出るため、利用シーンにあわせたものを選ぶようにしましょう。

除湿機選びでチェックすべきポイント

続いては、除湿方式のほかにも押さえておかねばならない要項を紹介します。
除湿器を選ぶうえで大事な要素である、除湿能力、排水タンクの容量、消費電力の3点をご紹介します。
排水を捨てる手間は常に発生しますし、空気を放出するものなので衛生面は気にかけておきたいところです。

除湿能力

除湿機を1日間運転した場合に取り除ける水の量を示す「定格除湿能力」をチェックしてください。
定格除湿能力の数値が大きいほど除湿能力が高いので、スピーディーに除湿できます。
しかし、除湿能力が高いほど本体サイズも大きくなる傾向にあるため、設置場所を考慮して適切なものを選びましょう。
なお、スペック表にある「除湿可能面積」は定格除湿能力をもとに算出された目安なので、参考になります。

排水タンクの容量

排水タンク容量も大事なチェック項目のひとつです。
除湿能力が高くても取り除いた水を貯めておく排水タンクが小さければ運転がストップしてしまいます。
溜まった水をこまめに捨てれば除湿し続けられますが、外出中や睡眠中に運転するならばタンク容量は大きいほうが便利です。
ただし、タンク容量と比例して本体サイズも大きくなるので注意しましょう。
また、排水タンクは水が溜まった状態でも持ち運びやすく、その水を捨てやすいかといったこともチェックしておくと後々の快適さが変わります。

消費電力

1日10時間の運転でコンプレッサー式は50~60円、デシカント式は100~120円の電気代がかかります。
およそ2~3倍の電気量がかかってしまいますので、使用頻度によって選ぶ必要があります。
ただし、状況によっては同じ時間がかかるわけではないので、デシカント式が電気代が高いとは限りません。

サーキュレーター衣類乾燥除湿機 ホワイト IJD-I50

「アイリスオーヤマ衣類乾燥除湿機 IJD-I50」が機能面でも価格面でも他社製品と比べておすすめなのでご紹介します。

アイリスオーヤマ衣類乾燥除湿機 IJD-I50の主な特徴は以下になります。

  1. スピード乾燥(パワフル送風で、急ぎの洗濯物も素早く乾く)
  2. 強力除湿(気になる部屋干しのニオイや、カビ・結露対策に)
  3. 効率的な除湿機能(サーキュレーターを除湿機に搭載しているため、部屋干しの湿気を効率的に除湿)
  4. 送風範囲の自由度(部屋全体を除湿するワイド送風、早く乾かしたい服にポイントを向けれる)
  5. 静音性の高さ(気にならない程度の音で、就寝中も使える)
  6. 簡単な操作性(ボタンの数が少なく、シンプルでわかりやすい構造)

■商品はこちら↓
サーキュレーター衣類乾燥除湿機 ホワイト IJD-I50

Wパワー除湿

IJD-I50のスピード乾燥の理由は、サーキュレーター+除湿機のWパワーでスピード乾燥していることです。
他のモデルにはない大風量サーキュレーターで乾燥風を直接当てて、衣類をより早く乾かし、部屋干しの湿気を効果的に除湿します。
さらに、風の向きや角度をコントロールできるので、衣類の量に合わせて効率よく乾かせます。
首振り角度は室内干しのシーンに合わせて50°・70°・90°の3段階で調整出来ます。
ジメジメした場所も、サーキュレーターの乾燥風で狙ったところをパワフルに除湿します。

タンク容量

普段の使い勝手がいいように、蓋の密閉性がし水がこぼれにくくなっています。
蓋の端だけ開くので、蓋を全て開けずに楽に排水ができます。
こういう気遣いも嬉しいですね。

 

年中使えるデシカント式


ヒーターを使ったパワフルな除湿で、衣類乾燥に最適です。
寒い季節でも除湿できるので、1年中活躍します。
衣類乾燥・押入れ除湿・結露対策にも使えます。
静音なので夜の部屋干しも安心です。

サーキュレーターが単独で使える

衣類乾燥として除湿機能はもちろん、それぞれ単独での運転も可能なので、サーキュレーターとして空気の循環にもご利用出来ます。
サーキュレーターと除湿機を別々に置かなくて良いので、省スペース。
2・4・8時間のタイマー付きです。
デザインもマットな仕様から、光沢のあるツヤ感仕様になりリビングや寝室に置いていても違和感はありません。

サーキュレーター衣類乾燥除湿機  IJD-I50の口コミ

実際の利用者のレビューをまとめてみました。

ポジティブレビュー

・浴室と脱衣場のカビ防止になりました。
・部屋干し臭(カビ臭)の低減されました。
・リーズナブル(大手メーカーの半額くらいの価格で購入可能なのに高機能でコストパフォーマンスに満足しています。

ネガティブレビュー

・しっかり水分をとってくれますが、風が熱かった。
・サーキュレーターを消しても周囲が熱いので夏は脱衣所に置くのがおすすめ。
・タンクがすぐに一杯になってしまうのが残念。

 

商品仕様

●商品サイズ(cm)
幅約28.7×奥行約23.4×高さ約64
●本体重量
約7.8kg
●電源電圧
AC100V、50/60Hz
●消費電力
590W
●定格除湿能力※1
5.0L/日
●除湿可能面積の目安※2
木造:10平方メートル(6畳)
プレハブ:16平方メートル(10畳)
鉄筋コンクリート:21平方メートル(13畳)

●タンク容量
約2.5L
●使用温度
0~40℃
●コード長さ
約1.6m
●除湿機能
デシカント式
●首ふりモード
50°・70°・90°
●強さ選択(サーキュレーター・除湿)
各:弱・中・強
●切タイマー
2・4・8時間
※1 定格除湿能力は、室温20℃、相対湿度60%を維持し続けたときの、1日(24時間)当たりの除湿量です。
※2 除湿可能面積の目安は、JEMA(日本電気工業会)規格に基づいた数値です。

価格
18,800円

送料
無料

■商品はこちら↓
サーキュレーター衣類乾燥除湿機 ホワイト IJD-I50

 

サーキュレーター衣類乾燥除湿機 ホワイト IJD-I50は楽天市場やamazonでも購入できます。
楽天やamazonのほうが安いこともありますので、チェックしてみてくださいね。

まとめ

衣類乾燥除湿器にサーキュレーターをつけたのもアイリスオーヤマのアイデアです。暮らしに便利なものを生み出すアイリスオーヤマの商品にはいつも「なるほど」と感心するものばかりです。梅雨の時期に限らず雨の日は洗濯物が乾かず、嫌な思いをしていたのも、サーキュレーター衣類乾燥除湿機 ホワイト IJD-I50を使えば驚くほど速く乾燥させることができるので、本当に助かります。サーキュレーターとしても使えるので、扇風機かわりに使うのもいいですね。

最新情報をチェックしよう!
>ブログでも情報を発信しています

ブログでも情報を発信しています

SeeSaaブログでもWEBサービスの情報を発信しております。 割引や無料などの情報もありますのでお見逃しなく!!

CTR IMG