iPhone iOS向け「LINE」のバージョン14.1.1で開かない、通話が切れるなどが発生!対処法はある?

2024年2月6日頃から、iPhoneユーザーの間でLINEアプリが開かない、または通話が途中で切れるという不具合が報告されています。

これらの問題は、日常生活やビジネスシーンにおいて大きな支障をきたす可能性があります。

そこで、この記事では、これらの不具合の原因と、それらを解消するための対処法について詳しく解説します。

不具合を解消する方法

iPhoneでLINEが開かない、または通話が途中で切れる問題に対する一般的な対処法は以下の通りです。

  1. iOSとLINEのバージョンを最新にアップデートする:不具合は、古いバージョンのiOSやLINEアプリに起因することがあります。最新のバージョンにアップデートすることで、問題が解消される場合があります。
  2. iPhoneを再起動する:多くの技術的な問題は、デバイスの再起動によって解決されます。
  3. iPhoneの空きメモリ容量を確認して不要なデータを削除する:ストレージの空き容量が不足していると、アプリの動作が不安定になることがあります。
  4. LINEのキャッシュデータを削除する:キャッシュデータが溜まると、アプリの動作が遅くなったり、予期せぬ不具合が発生することがあります。
  5. Wi-Fiや機内モードのオンオフを切り替えて通信環境を改善する:通信環境の問題が原因で不具合が発生している場合があります。
  6. LINEの公式サイトやSNSなどでサーバーの状況を確認する:LINE側のサーバーに障害が発生している場合もあります。
  7. LINEアプリを一度アンインストールして再インストールする:この際、トーク履歴のバックアップを取ることを忘れないでください。

Appを取り除くで使えるようになったという声もありました。

不具合の原因

iPhoneでLINEが開かない、または通話が途中で切れる不具合の原因は様々ですが、以下のような理由が考えられます。

  • iOSのバージョンが古く、LINEとの互換性がない
  • LINEのバージョンが古く、iOSとの互換性がない
  • LINEのキャッシュデータが多すぎる
  • iPhoneのストレージ容量が不足している
  • iPhoneの通信環境が悪い
  • LINE側のサーバーに障害が発生している

通話が切れる不具合の解消時期

過去の事例を参考にすると、このような不具合は発生から数日で解消されることが多いです。

2021年にも同様の事例があり、その際は約2日後に配信された修正版のアップデートによって問題が解消されました。

LINEヘルプセンターのお知らせが更新されていました。

iOS向け「LINE」のバージョン14.1.1で、一部端末で不具合が発生しているようです。

まとめ

iPhoneでLINEが開かない、または通話が途中で切れるという不具合は、いくつかの対処法によって解消される可能性があります。

不具合の原因に応じて適切な対処法を試みることが重要です。

また、LINE側でも不具合の解消に向けた対応を進めているため、ユーザーは最新の情報に注意を払い、必要に応じてアクションを取ることが求められます。

最新情報をチェックしよう!
>日本の話題のニュースをお届け

日本の話題のニュースをお届け

CTR IMG