BTSメンバー12月に入隊 ジミン・ジョングクは同伴入隊 同伴入隊とは何?活動再開はいつ?

世界中で愛される韓国の人気アイドルグループ、BTS。
彼らの活動は常に多くのファンの関心を集めていますが、特に、メンバーの兵役に関するニュースは、ファンにとっては避けられない重要な話題です。

今回は、BTSの中でまだ入隊していないナムさん、ジミンちゃん、テテ、ジョングクさんの4人が12月中に入隊するという情報が入ってきました。

入隊日程と場所

ナムさんとテテは12月11日に、ジミンちゃんとジョングクさんは12月12日に入隊するとの報道があります。

しかし、BIGHIT MUSICは安全面を考慮して、正式な入隊日は公表していません。

報道によると、ナムさんとテテはジンさん、ホビさんと同じ後方の訓練所から入隊。

一方、ジミンちゃんとジョングクさんは前方の訓練所からの入隊が予想されています。

ジミンとジョングクの同伴入隊?同伴入隊とは?

特に注目されているのは、ジミンちゃんとジョングクさんの入隊です。

彼らは12月12日に陸軍第5歩兵師団の新兵教育隊に行き、同伴入隊するという情報が流れています。

同伴入隊とは、複数の人が同時に入隊することを指し、特に親しい関係の人たちが一緒に入隊するケースが多いです。

韓国の兵役には、親しい友人や親戚と一緒に訓練を受け、同じ部隊に配属される「同伴入隊」という制度があり、ジミンさんとジョングクさんは、この制度を通じて除隊まで共に過ごすということです。

同伴入隊制度とは、同じ部隊に入隊するために、2人まで同伴できる制度ですが、同伴する相手は、友人、兄弟、仕事仲間など、血縁関係に限らず、同じ部隊に入りたい意思を有する者であれば誰でも可能です。

  • 同伴できるのは、2人までです。
  • 同伴する相手は、同じ部隊への配属が可能な者でなければなりません。
  • 同伴入隊の申請は、入隊予定日の3ヶ月前までに行う必要があります。

これらの制限を満たしていれば、同伴入隊の申請を行うことができます。

  1. 同伴入隊制度の概要:
    • 同伴入隊制度は、親しい友人や親戚・兄弟など2人で一緒に入隊し、訓練を受け、同じ生活圏の部隊に配属される制度です。
    • この制度は、入隊後の軍生活の早期適応や軍務意欲を高めることを目的としています。
    • 陸軍では2003年から、海軍は2012年、海兵隊は2021年から施行されています。空軍では同伴入隊は行われていません。
  2. 同伴入隊に関する賛否:
    • 同伴入隊を望むファンは、仲間が近くにいることで心強いと考えています。
    • 一方で、同伴入隊が最前線に配置されることが多く、危険度が上がるという理由で反対する意見もあります。
  3. 配属場所:
    • 最前線の部隊に配属される場合もありますが、必ずしもそうではありません。
    • 陸軍、海軍、海兵隊のそれぞれに異なる配属場所があります。

テテの特殊任務志願

また、テテは「陸軍首都防衛司令部特殊任務」に志願したとの情報もあります。

これはSDT(Special Duty Team)や特任隊と呼ばれる特殊部隊で、強力事件発生時に配備される軍事警察部隊です。

テテがどういう経緯で特任隊に志願したのか、選抜で残ることができたのかは不明ですが、彼の新たな挑戦に注目が集まっています。

BTSの兵役とその影響

BTSのメンバー全員が兵役を終えると、2025年に7人で再び活動を再開することが期待されています。兵役を終えた後、彼らがどのように成長して戻ってくるのか、ファンは心待ちにしています。

ファンへのメッセージ

BTSのメンバーが入隊することは、一時的な別れですが、彼らがより成熟した姿で戻ってくることを期待しましょう。

兵役は韓国の男性にとって避けられない義務であり、彼らもその一員としてこの義務を果たすことになります。

ファンとしては寂しいかもしれませんが、彼らの安全と健康を願い、応援し続けることが大切です。

グループの活動再開はいつ?

グループ活動を再開する時期は2025年6月以降で、所属事務所は昨年、「当社とメンバーは2025年、BTS全員そろっての活動再開を希望しています、現時点で正確な時期を特定することは難しい」とコメントしています。

最新情報をチェックしよう!
>日本の話題のニュースをお届け

日本の話題のニュースをお届け

CTR IMG