布マスクはウイルス感染リスクが高まる可能性も!その回避策は!?

一般で使用される不織布マスク(ふしょくふ)は、医療用のサージカルマスクとほぼ同じ効果があるとされています。
不織布とはフェルトのように繊維を絡み合わせてシート状にしたもので、不織布マスクはこの不織布を何枚か重ね合わせ、あるいは一枚を立体的に成形して作られたものです。

マスク在庫不足から、使い捨てマスクを再利用して使っている人もいるのではないでしょうか。

再利用の方法として皆さんがご家庭で実践されているのは、熱湯で煮沸する、中性洗剤で手洗いするなどでしょうか。
煮沸の場合は、生地の劣化を招くことになり、フィルターの意味がなくなってしまいます。
中性洗剤で手洗いする場合は、こすり洗いをすると繊維が取れてしまい、効果がなくなってしまうといます。

使い捨てマスクは再利用するために作られていませんので、効果を持続させるためにはやはり新しい物を使用した方が良さそうです。

そこで、マスク不足対策として「布マスク」が注目されています。しかし、布マスクは家庭用の不織布マスクに比べてフィルター能力が低く、ウイルス感染を予防する効果はかなり疑問が残りますし、逆に布マスクはウイルス感染を助長する、との医学論文さえ存在します。ただ、布マスクにも感染者が他人に感染させない咳エチケット用としての効果はあります。

政府が布マスク2枚を配るという中で布マスクには疑問が残りますが、新型コロナ対策に効果のある方法をご紹介します。

回避策ととしてあげられるのは、不織布の取り換えシートを利用する方法があります。
布マスクや家にあるマスクに、フィルターをカットし、セットするだけという簡単に取り付けられるマスクフィルターシートです。

取り換えシートの使い方

【使い方】
①不織布を適当なサイズにカット
②フィルターを半分に折り曲げる
③マスクにフィルターを取り付ける
④フィルターがずれないようにマスクを装着

使い終えたら、フィルターのみを交換するだけでいいので、マスクを再利用することができます。
布マスクであれば、きじのの劣化や繊維がはがれることも少ないかと思います。

マスクフィルターは以下のようなものが販売されています。

■商品はこちら
マスク用 取替シート 交換式フィルタ 3層また5層構造2種類 不織布

特徴
・幅広いマスクに対応(不織布マスク、衛生マスク、布マスク、ガーゼマスク、手作りマスク等に使用できます)
・安心の多重層構造(角形は5層、丸形は3層構造になっています)
・装着もカンタン(お持ちのマスクの内側に取り付けるだけなので、誰でも簡単にご利用頂けます)

■商品はこちら
使い捨てマスクシート マスク用 取替シート 不織布 50枚 取替フィルタ

特徴
・メルトブローン不織布(繊維が非常に細かいワンランク上の不織布です)
・幅広いマスクに対応

■商品はこちら
洗える マスク取り替えパッド 1パック(5枚入り) 日本製 抗菌 防臭

特徴
・パッドを交換する事により清潔に使用出来ます
・洗濯して繰り返し使用可(50回洗濯後も抗菌力持続注3)
・マスクを長時間使用の際の不快な臭いを抑えます
・いつもサラサラ、湿ったマスクの息苦しさを軽減
・メガネの曇りを軽減します

まとめ

マスク不足が続く中で感染が拡大しています。
自宅待機の方が多いでしょうが、日用品の購入などで外出される際は必ずマスク着用したほうが安全です。
日本政府による布マスク配布も始まりますが、万全の対策の為にもマスクフィルターの使用をおすすめします。
自分の身は自分で守るためにも、できる対策をしていきましょう。

最新情報をチェックしよう!
>ブログでも情報を発信しています

ブログでも情報を発信しています

SeeSaaブログでもWEBサービスの情報を発信しております。 割引や無料などの情報もありますのでお見逃しなく!!

CTR IMG