中居正広 激痩せで復帰はできる?盲腸がんの生存率や致死率について

11月4日に1カ月の休養を発表した元SMAPの中居正広さんですが、12月2日には静養期間を延長し年内は活動を休止すると立て続けに発表しました。

一部では、思った以上に病気が重くて芸能界に復帰できないかもしれないという情報が出てきており、不安が広がっています。

年内休養を発表しましたが、12月11日に放送された「プロ野球珍プレー好プレー大賞2022」にVTRで出演しましたが、そのあまりの痩せっぷりに各方面から心配の声があがっています。

中居正広さんの激やせ画像が公表され重い病気だということが報道もされ、女性セブンが報じた「中居正広 頬も体もやせこけて 復帰不能 『オペ室で起きた激震』」という記事にファンは大きなショックをうけました。

 

中居正広さんの病状について

10月には『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』や『中居正広のキャスターな会』などのレギュラー番組を相次いで欠席しました。

中居正広さんが復帰不能と言われていますが、一部報道で盲腸癌だという事が報じられました。

7月の虫垂炎の手術したあと、9月に盲腸癌腫瘍の摘出手術をしたのですが、さらに休養発表後の11月には再手術を受けたとの情報もあります。

もともと手術は数十分で終わる予定でしたが、オペ室で不測の事態が発生し、実際には数時間にも及んだということです。
一口に腫瘍の摘出手術といっても、その部位によっては実際に手術をしてみないとわからないこともあるようですが、思ったより重い症状だったようです。

「週刊新潮」が本人の口から出る前に「盲腸癌」だと報じましたが、その後撤回された為、真偽のほどはさだかではありません。

中居正広さんの父親も2015年2月に咽頭がんで亡くなっており癌は遺伝すると言われていますが、中居正広さんは癌家系であることから癌になっている可能性は高いです。

 

大腸癌(盲腸癌)のステージと生存率

『盲腸』は『大腸』の一部であることから、盲腸癌は大腸癌の一部に分類されます。

盲腸癌の特徴としては、「痛い」などの症状が出にくいことが挙げられます。

癌が大きくなってきてから、「お腹にしこりがある」と訴えて、受診される方や、検診などで受けた採血で貧血を指摘されて、受診される方が多いようです。
また、癌が大きくなって腸を閉塞し始めたことで病気の「盲腸(虫垂炎)」を引き起こし、そこから癌が発覚するケースもあるとのことです。

虫垂炎を引き起こし、そこから盲腸癌が発覚するケースというのが、まさに今回の中居正広さんの状態です。

盲腸癌は他の癌に比べてかかるのが非常に珍しく、それゆえに発見が遅れて癌が大きくなっているというケースも珍しくないそうです。

大腸がんのステージと生存率は以下のようになっています。

ステージ0  がんが大腸粘膜内に留まるもの 生存率97.6%

ステージ1  がんが固有筋層までに留まるもの 生存率94.5%

ステージ2  がんが漿膜下層を超えて浸潤する 生存率88.4%

ステージ3     がんの深さに関わらず、リンパ節への転移を認めるもの 生存率77.3%

ステージ4      がんの深さやリンパ節転移に関わらず、他臓器への転移を認めるもの 生存率18.7%

となっています。

今回の中居正広さんの1ヶ月の活動休止と強いドクターストップがかかったので、ステージ3~4なのかもしれません。

安静に休養しないと、転移など深刻な病状になる可能性もあるので休養期間が長引いているのかもしれません。

50代になると、がんになる人が増えて、日本人の2人に1人はがんになるともいわれていることからも、癌になる確率は高いものの、早期発見で転移をしていないことを願います。

最新情報をチェックしよう!
>ブログでも情報を発信しています

ブログでも情報を発信しています

SeeSaaブログでもWEBサービスの情報を発信しております。割引や無料などの情報もありますのでお見逃しなく!!

CTR IMG