旧田中角栄邸 目白御殿火事 線香で火事になる?政治批判で放火の可能性は?

2024年1月8日、東京都文京区に位置する旧田中角栄邸が火事に見舞われました。

この邸宅は、かつての日本の首相、田中角栄氏の住まいであり、JR目白駅から約1.4kmの距離にあります。

この地域は住宅や大学が多く、静かな住宅街として知られており、旧邸宅は「目白御殿」と呼ばれ、国政を動かす舞台にもなりました。

この火事の原因については、現在も明らかになっていませんが、しかし、ネット上では様々な憶測が飛び交っています。

旧田中角栄邸 目白御殿 火事の原因は?

中には、田中角栄元首相の娘である田中真紀子さんの政治的発言が原因ではないかという噂もあります。

その発言がこちらです。

田中真紀子さんは、2023年12月8日に国会内で記者団に対して、自民党議員の歳費や文通費、調査研究費などに関する発言をしました。

彼女は、自民党議員が毎月129万4000円の歳費を受け取っていること、文通費が100万円(彼女の時代は20万円だったと指摘)、調査研究費の使途に疑問を呈しました。

さらに、役職手当や外遊時の白い封筒に入った100万円の土産代、盆暮れの氷代・餅代などについても言及しました。

これらの発言は、自民党派閥による裏金疑惑に関連しているとされ、政治資金収支報告書に記載されていない裏金の存在を示唆するものでした。

田中真紀子さんは、政治における金銭の流れについて厳しい批判を行い、特に政治資金の透明性の欠如を指摘しました。

この発言は大きな注目を集め、田中真紀子さんの政治的影響力が未だ健在であることを示しました。

しかし、これが旧田中角栄邸の火事の原因であるという直接的な証拠はありません。

火事の原因に関しては、現時点で確定した情報はなく、消防当局は放火の可能性が低いと判断しています。

田中真紀子さんの発言が火事の原因とされる理由は、彼女の政治批判が行われた直後に火事が発生したため、一部で関連性を指摘する声が上がっているようです。

しかし、これらはあくまで憶測に過ぎず、火事が犯行によるものであるという確証はありません。

警視庁大塚署幹部によると、出火当時、敷地内には角栄氏の長女の田中真紀子元外相と夫の直紀元防衛相がいたが、避難してけがはありませんでした。
真紀子氏は「仏壇に線香を上げていた」と説明しているといい、大塚署が詳しい出火原因を調べています。

現在、警察や消防などの関係機関が原因を調査中であり、今後新たな情報が入り次第、公表されることでしょう。

この記事では、旧田中角栄邸の火事について、現時点で分かっている情報をもとにお伝えしました。

最新情報をチェックしよう!
>日本の話題のニュースをお届け

日本の話題のニュースをお届け

CTR IMG