ダウンタウン松本人志、当面の間活動休止 文春の記事は本当であるという根拠は?

日本のお笑い界の頂点に立つ、ダウンタウンの松本人志さん。
その松本人志さんが当面の間、芸能活動を休止すると発表して世間を騒がせています。
このニュースは、多くのファンにとって驚きであり、同時に様々な憶測を呼んでいます。

松本人志さんの活動休止の理由と文春の記事が本当なのかを調べてみました。

ダウンタウン松本人志 当面の間活動休止

松本人志さんを巡っては、昨年週刊文春オンラインが「《参加女性が続々告発》全裸の松本人志がいきなりキスしてきて…1泊30万円の超高級ホテルで行われた恐怖のゲーム」などと題して報道しました。

昨年12月27日に週刊誌報道がなされて以降、松本のテレビ出演を巡る記事がたびたび掲載されていることを受けて、「まずは様々な記事と対峙して、裁判に注力したい」旨の申し入れがあったといいます。また「このまま芸能活動を継続すれば、さらに多くの関係者や共演者の皆様に多大なご迷惑とご負担をお掛けすることになる一方で、裁判との同時並行ではこれまでのようにお笑いに全力を傾けることができなくなってしまうため、当面の間活動を休止したい」と強い意志が示されたことから、吉本興業もさまざまな事情を考慮し、本人の意志を尊重することとしています。

12月27日に掲載された記事に対して、吉本興業は「既にコメントを出しているとおり」としています。吉本興業は「8年前となる2015年における女性との性的行為に関する記事が掲載されております。しかしながら、当該事実は一切なく、本件記事は本件タレントの社会的評価を著しく低下させ、その名誉を毀損するものです。当社としては、本件記事について、新幹線内で執拗に質問・撮影を継続するといった取材態様を含め厳重に抗議し、今後、法的措置を検討していく予定です」と吉本興業のオフィシャルサイトにコメントを発表してます。

松本人志さん自身もSNSで事実無根と発信しています。

一方で週刊文春(文芸春秋)編集部は「一連の報道には十分に自信を持っており、現在も小誌には情報提供が多数寄せられています。今後も報じるべき事柄があれば、慎重に取材を尽くしたうえで報じてまいります」とコメントを発表しています。

どちらが本当なのでしょうか?

文春の記事は本当か?

週刊文春が報じた松本人志さんの性加害問題に関する報道が真実であると言われる理由は以下の理由があります。

  • 文春は、この記事について「複数の詳細な証言に基づき、さらに裏付け取材も尽くしたもので、十分に自信を持っている」とコメントしています。
  • 文春は、法務部と連携して記事のリーガルチェックを行い、裁判で勝てる記事を書くことを鉄則としています。これは、記事に噂や推測レベルの内容を含めないこと、事実であることの裏付けや事実と信じるに足りる「相当の理由」を入念に調査することを意味します。
  • 松本人志さんの問題は以前から噂になっていたとされ、掲示板などでの言及もあるようです。
  • 吉本興業は文春の記事に対して法的措置をとるとコメントしていますが、そのコメント内容は具体的な否定ではなく、やや曖昧な表現になっています。
  • 報道によると、松本人志さんの性加害問題に関して、告発した女性以外にも被害を訴える女性が出てきているとのことです。
  • スピードワゴンの小沢さんが関与しているとされ、彼のLINE画像が証拠として挙げられています。このLINE画像は、性行為後のアリバイ作りの一環として送られたものと解釈されています。

松本人志が活動休止をすることによる影響


松本人志さんは、ダウンタウンとしての活動だけでなく、テレビ番組の司会や映画制作など、多岐にわたる分野で活躍してきました。

特に、彼がレギュラーを務める番組には、どのような変化が起こるのか、多くの視聴者が注目しています。

さて、文春の記事の真相については、現時点でははっきりとしたことは言えません。

しかし、松本さんや彼の所属事務所からの公式な発表があるまでは、憶測にとらわれず、冷静に情報を待つことが大切です。

松本人志さんの活動休止は、日本のお笑い界にとって大きな損失です。

ファンとしては、彼の復帰を心から待ち望んでいます。

最後に、松本さんのこれまでの功績に感謝し、お笑い界の巨星が、再び輝く日を楽しみにしています。

最新情報をチェックしよう!
>日本の話題のニュースをお届け

日本の話題のニュースをお届け

CTR IMG