大河ドラマ 光る君へ「ちはやぶる神の斎垣(いがき)も越えぬべし恋しき人のみまく欲しさに」とはどんな意味?

大河ドラマ「光る君へ」は、日本の歴史を彩る人物たちの生きざまを描いたNHKの看板番組です。

このドラマは、視聴者に歴史の知識だけでなく、人物の内面や時代背景を深く理解させることで、多くの人々から愛されています。
第6話「二人の才女」のラストに道長から送られた和歌「ちはやぶる神の斎垣(いがき)も越えぬべし 恋しき人のみまく欲しさに」という言葉がどんな意味なのかが話題になっています。


今回は、その中でも特に心に残る一節、「ちはやぶる神の斎垣(いがき)も越えぬべし恋しき人のみまく欲しさに」について、その意味と背景を掘り下げてみましょう。

第6話「二人の才女」あらすじ

今回、まひろ、道長も参加した政争の場でもある漢詩の会に清少納言こと、ききょう(ファーストサマーウイカ)が初登場しました。
終生のライバルとなる2人はなごやかに初対面を果たしたものの、藤原公任(町田啓太)の詠んだ漢詩の感想を求められたまひろが「公任様のお作は唐の白楽天のような詠(うた)いぶりでございました」とほめたたえると、ききょうはすかさず「私はそうは思いません」と反論する展開に。

ラストは道長から送られた和歌「ちはやぶる神の斎垣(いがき)も越えぬべし 恋しき人のみまく欲しさに」を胸に抱く、まひろのアップで「つづく」となり、SNSで話題になりました。

意味の解釈

この詩句は、一見して難解に感じられるかもしれませんが、日本古来の美しい表現を用いて、深い感情を伝えています。

「ちはやぶる」は、現代日本語でいう「千早振る」、つまり「非常に速く動く」や「激しく動く」という意味です。

一方、「神の斎垣(いがき)」とは、神聖な場所を囲む垣根や結界を指し、ここでは超えがたい障壁や試練を象徴しています。

したがって、この詩句全体で「どんなに困難な障壁があろうとも、激しい情熱を持って愛する人に会いたい、その人のもとへと駆けつけたい」という切なくも強い願望を表現しています。

背景としての時代精神

この詩句が生まれた背景には、時代の精神や文化的な価値観が深く関わっています。

日本の古典文学や歌には、自然や季節の移り変わりを愛でる心、そして人と人との絆を大切にする心がしばしば描かれています。

特に、愛する人への切ない思いや、運命に翻弄される人々の姿は、多くの物語や詩歌で繰り返し語られてきました。この詩句も、そうした日本人の情感や価値観を象徴するものと言えるでしょう。

現代における意味

現代社会においても、この詩句は多くの人々にとって共感を呼ぶものです。

現代に生きる私たちもまた、様々な障壁や困難に直面しながら、大切な人との絆を深め、目標に向かって努力しています。

この詩句は、そうした努力や挑戦がいかに困難であっても、愛する人への強い想いがあれば乗り越えられるという希望を与えてくれます。

まとめ

大河ドラマ「光る君へ」に登場する「ちはやぶる神の斎垣も越えぬべし恋しき人のみまく欲しさに」という詩句は、古来から伝わる日本人の深い情感と、困難を乗り越えようとする強い意志を表現しています。

この一節は、時代を超えて多くの人々に愛され、共感される理由を持っています。歴史の一コマを通じて、人間の普遍的な感情や生きる力を感じ取ることができるのです。

最新情報をチェックしよう!
>日本の話題のニュースをお届け

日本の話題のニュースをお届け

CTR IMG