ドミノピザの鼻クソバイトテロは未成年か?店舗や実名も公開されているの?

2024年2月12日の深夜、ドミノピザの店員と思われる人物が、制服を着たまま鼻をほじり、その鼻くそをピザの生地になすりつける動画がX(旧Twitter)で拡散し、大炎上しました。

この衝撃的な映像は、多くの人々の間で怒りと不信を引き起こし、ドミノピザに対する厳しい批判が巻き起こりました。

事件の概要

この動画は、ドミノ・ピザの制服を着た店員らしき人物が、鼻をほじってピザ生地に鼻くそをなすりつけるような動作をしているものでした。

この行為は、衛生管理を徹底すべき飲食業界において、許されざる行為であり、多くの人々の間で激しい非難を浴びました。

ドミノ・ピザはこの問題に迅速に対応し、当該店舗の営業停止と従業員の処分を発表しました。

事件が発生した店舗と従業員について

この不適切な行為を行ったとされる人物は、兵庫県尼崎市にあるドミノピザ尼崎店のアルバイト従業員であることが判明しています。

しかし、現時点ではアルバイト従業員の実名は公開されておらず、法的措置が取られる可能性があるため、今後報道されるかもしれません。

過去には中学生や高校生など、未成年のバイトテロ騒動がありましたが、今回は動画を見た限りでは未成年には見えません。

2024年2月13日深夜2時過ぎの投稿で、深夜に勤務を事実も踏まえると未成年である可能性は無さそうです。

18歳未満の方の場合、原則22時から翌朝5時までの時間帯はアルバイトができないので、成人である可能性が高いです。

ドミノピザの対応

ドミノピザはこの問題に対して、非常に迅速に対応しました。

炎上した当日の夜、公式Xアカウントにて「当社従業員による不適切な行為についてのお詫びとお知らせ」と題した謝罪文を発表し、法的措置を検討中であることを明らかにしました。

また、店舗内全ての生地を廃棄し、店舗の営業停止と従業員の処分を行うと発表しました。

社会の反応

この事件は、飲食業界におけるいわゆる「バイトテロ」の一例として、多くの人々に衝撃を与えました。

飲食業界では、このような不適切な行為が再発防止のために、加害者に対して損害賠償を求めることが重要であるとの意見があります。

また、動画を公開しなくなるだけでは同様の行為を減らすことはできず、監視カメラの設置や罰則の強化が必要であるとの声も上がっています。

飲食店での迷惑行為は、2023年1月29日に岐阜県岐阜市正木の「スシロー岐阜正木店」で発生した事件スシローペロペロ事件が有名です。
男性客が醤油差しの注ぎ口をなめるなどの迷惑行為を行い、その動画をSNS上に拡散しました。
この事件では、運営するあきんどスシローが6700万円の損害賠償を求めて提訴し、少年側も争う姿勢を見せていましたが、2023年7月31日に調停が成立し、和解で決着しました。

今回はどのような結末になるかが注目されています。

まとめ

ドミノピザの鼻クソバイトテロ事件は、飲食業界における衛生管理の重要性を改めて浮き彫りにしました。

この事件を受けて、ドミノピザは厳重な対応を行い、今後の再発防止策に注目が集まっています。

また、このような不適切な行為を行った従業員に対する法的措置の動向も、今後の焦点となりそうです。

最新情報をチェックしよう!
>日本の話題のニュースをお届け

日本の話題のニュースをお届け

CTR IMG