CBDの依存症は?中毒性や副作用などあるのかを解説

CBDに依存症はあるのか?

アメリカの美容・健康業界でブームとなっているCBD。
CBDとは大麻草成分の一つの天然物質で、自然療法として利用されています。

CBDやCBDオイルが心身の健康や病気の治療にプラスに働くと言われていますが、依存症や副作用などマイナスの要素はないのでしょうか。
大麻成分ということから「本当に中毒性などの害はないのか」と思う方は多いでしょう。

WHOの報告書では、CBDには麻薬同様の精神活性はなく中毒性などもないことが確認されています。
CBDは安全性が優れているということが報告されており、乱用の心配はないとされています。

実際に、1日あたり最大1,500mgという高用量のCBDを摂取しても、人体に悪影響を及ぼさないことが示されました。

CBDの依存症は?中毒性や副作用などあるのかについて解説します。

WHO カンナビジオール(CBD)事前審査報告書

WHOの報告においてもCBDのマイナスな意見はなく、安心して利用できる成分であると報告されれています。

CBDの安全性について

乱用傾向の実験モデルで、CBD は、条件づけられた薬物処置区画の嗜好性あるいは脳内自己刺激にほ とんど影響を与えないように思われる。
動物用医薬品における CBD 弁別モデルでは、THC 代用となることに失敗した。

ヒトにおいて CBD は、乱用あるいは依存可能性を示唆する作用を示さない。

CBDの効果について

効果が切れると逆にけだるさや疲労感がくることもない、今までに無かったサプリメントである。
今のところ、CBDオイルを使用して体調が悪くなったり、眠けやダルさを感じたという例は報告されていない。

このサプリメントの素晴らしい効果が立証されたことで、すでにいくつかの国がCBDオイルを市場で取り扱うため、激しい争奪戦が起きている。

 

WHOの見解(日本臨床カンナビノイド学会日本語訳)

カンナビジオール(CBD)事前審査報告書

 

CBD中毒性はあるの?

 

CBDやCBDオイル自体には基本的に中毒性はありません。

CBD自体に中毒性といった害がないのですが、CBD製品すべてがまったく害がないかというと、そうではありません。

例えば、産業用ヘンプから生成されたCBDには、THCはほとんど含まれていませんが、マリファナ由来のCBDオイルにはTHCが含まれている可能性があります。

多量にTHCが含まれている製品を使った場合、マリファナの精神作用を引き起こす可能性があります。

実際にCBD製品を使用する際には、製品に含まれる成分を見て、十分安心できる製品であることを確認してください。

日本ではTHCが含まれていること自体が違法になる可能性があるため危険性は低いと言えますが、海外からの輸入品のCBD製品を使用する際は必ずTHCフリーのものを購入するようにしましょう。

 

CBDの副作用

CBDを使った製品に副作用はあるのでしょうか。

現在、CBDを服用、使用して報告されている副作用には、強い眠気や下痢、食欲の減退などです。
体質によってはアレルギーを引き起こす可能性もあります。

しかし、CBDは安全性が高く、きちんと用法・用量を守れば過剰に心配することは不要です。

副作用の主な原因は、用法・用量を守らずに過剰摂取した、調達源が不明である場所で購入したCBD商品を使用したなどの理由があります。
CBDの品質に原因があることが多いので、販売元もわからない安価な粗悪品には注意が必要です。

 

CBDを安全に使うには

現時点でCBDは安全性が高いと言われています。
CBDは難病や疾患に効果があるとして、ポジティブに研究が進められています。

しかし、CBDはまだ研究段階で全容が解明されていないため、少しでも健康被害の症状がでるのであれば、使用をやめるのが無難でしょう。
また、CBDのオイルやサプリメントなどの製品は、粗悪品を買わないようしっかりと調べる必要があります。
CBD自体は安全性が高く、沢山の効果が期待できるため、安全に使用できるよう細心の注意が必要です。

販売元や製品の質などを確かめたうえで使用してください。

 

CBDを使った製品

CBDを使った製品には以下のようなものがあります。
大手ショッピングモールで販売している商品は販売元もわかっているので安心です。

オイル

最も一般的な使用方法であり、経口摂取が主になります。
吸引タイプが苦手な方にも使いやすいと評判です。

 

<div data-vc_mylinkbox_id=”886895667″></div>

 

Vape(ベイプ)

煙を吸引してCBDを摂取するタイプ。
CBDオイルのベタつきが気になる方や普段から喫煙されている人に愛用されています。

 

<div data-vc_mylinkbox_id=”886895692″></div>

グミ

柔らかいタイプのグミで美味しいので、食べ過ぎに注意です。
初めてCBDをお試し頂く方にも、オイルやベイプが苦手な方にもオススメです。

 

<div data-vc_mylinkbox_id=”886895693″></div>

サプリメント

CBDを最も簡単に摂取できるようにしており、さらに用途によって必要な成分を追加しています。
朝起きた時はスッキリ出来るサプリ、寝る前は眠気を感じるサプリといった形で使い分けされた商品もあります。

 

<div data-vc_mylinkbox_id=”886895697″></div>

 

最新情報をチェックしよう!
>ブログでも情報を発信しています

ブログでも情報を発信しています

SeeSaaブログでもWEBサービスの情報を発信しております。割引や無料などの情報もありますのでお見逃しなく!!

CTR IMG