「となりのナースエイド」シムネスとはどういう意味?どんな病気なの?

2024年1月期の高杉真宙と川栄李奈出演の話題のドラマ「となりのナースエイド」。

このドラマである言葉が話題となっています。


第2話で主人公の姉が患っている病気として「シムネス」という言葉が出てきましたが、多くの視聴者がこの言葉に戸惑ったようです。

シムネスとは?

「シムネス」とは、実は架空の病気です。

このドラマの原作である小説「となりのナースエイド」に登場する病気で、全身にガンが同時多発する「全身性多発性悪性新生物症候群」という設定です。

非常に重い病気で、5年後の生存率は0%とされています。このような背景から、ドラマでは非常に重要な役割を担っています。

造語の元ネタ

では、この「シムネス」という言葉はどのようにして作られたのでしょうか。

実は、これは「synchronous multiple cancer(同時性多発癌)」という英単語と、病気を意味する「illness(イルネス)」を組み合わせて作られた造語と考えられています。

このように、ドラマのために特別に作られた言葉であることがわかります。

ドラマの中での意味

ドラマ「となりのナースエイド」では、この「シムネス」という病気が重要な役割を果たしています。主人公の姉がこの病気に苦しんでいることが、物語の中心的なテーマの一つとなっています。

この病気がどのように描かれ、物語にどのような影響を与えるのか、今後の展開が非常に楽しみです。

まとめ

今回は、ドラマ「となりのナースエイド」で使われた「シムネス」という言葉についてご紹介しました。

この言葉は、ドラマのために特別に作られた架空の病気を指し、物語に深い影響を与えています。今後のドラマの展開にも注目していきましょう。

最新情報をチェックしよう!
>日本の話題のニュースをお届け

日本の話題のニュースをお届け

CTR IMG