研ナオコ 70歳自宅死去のYoutubeは本当?フェイク動画の法的な罪は?

研ナオコさんは、そのユニークなキャリアで歌、演技、ユーモアを組み合わせ、観客を魅了してきた多彩なアーティストです。

最近のYoutubeによると、彼女は重大な交通事故に遭い、70歳で自宅で亡くなったとされています。
このニュースは、彼女のファンや同僚に衝撃を与えましたが、本当なのでしょうか?

研ナオコさんが70歳で自宅死去 葬儀では数千人が涙のYoutube

研ナオコさんは重大な交通事故に遭い、70歳で亡くなったとされていますが、この「死亡説」には疑問が残ります。

事故の詳細はまだ公表されておらず、多くのファンや芸能界の関係者が彼女の健康状態に関する正確な情報もありません。

SNSでもこのYoutubeについての真偽が話題になっています。

どうやらこちらのYoutubeはフェイク動画のようです。

俳優の梅沢富美男さんも12月16日に研ナオコさんと共演したと投稿しているので、研ナオコさんが存命ということになります。

フェイク動画の法的罪とは?

悪質なサムネイルで登録者、再生数を増やすフェイク動画のようですが、フェイク動画は、人工知能を使用して、実在する人物が実際には行っていない行動をしているように見せる非常にリアルなビデオを作成する技術です。

この技術の進歩により、以下のような様々な法的および倫理的な問題が生じています。

  1. 個人のプライバシー侵害: 実在の人物の顔や身体を無断で使用し、彼らが実際には行っていない行動をしているように見せることは、プライバシーの侵害と見なされる可能性があります。
  2. 名誉毀損: フェイク動画によって、人物の評判が不当に損なわれる可能性があります。これは名誉毀損の訴訟につながることがあります。
  3. 著作権の侵害: 特定の人物の映像や音声を無断で使用することは、著作権法に違反する可能性があります。
  4. 詐欺や偽情報の拡散: フェイク動画は、政治的な偽情報の拡散や詐欺行為に利用されることがあり、これにより社会的な混乱や個人への害が生じる可能性があります。

デマによって被害を受けた人が被害届をだせば、名誉毀損となる可能性があり、その場合には3年以下の懲役または50万円以下の罰金となります。

最新情報をチェックしよう!
>日本の話題のニュースをお届け

日本の話題のニュースをお届け

CTR IMG