旅行半額!最大1泊2万円補助| Go Toトラベルキャンペーンの最新情報

新型コロナウィルスの影響を最も受けていた旅行業界にとって、需要が回復することを願うばかりです。

需要の回復のカンフル剤である、旅行の消費を促す「GoToキャンペーン」は7月22日からスタートしました。
政府は、新型コロナウイルス収束後に実施する”観光業・飲食業・イベント業・商店街など”を対象とした需要喚起策「Go To キャンペーン」に約1.7兆円を計上しました。
今までにない規模の予算に、旅行業界は壮絶な展開が予想されます。

本記事では、GoToキャンペーンについてわかりやすくご紹介します。

最新情報

現時点ではGoToキャンペーンの対象から東京を除外しています。
東京都を目的としている旅行、また、東京都に居住する方の旅行を対象から外し、事業を実施しています。

① 東京都が目的地となっている旅行については、東京都内の旅行も含めて、当面、Go To トラベル事業の対象外とする。
② 東京都に居住する方の旅行についても、同様に、当面、Go To トラベル事業の対象外とする。

千葉県や埼玉県など東京都外に住む人が東京駅や都内にある羽田空港発の旅行パッケージを利用する場合は対象です。

旅行者の居住地情報の確認方法については、旅行会社や楽天トラベル、じゃらんのようなオンライン旅行会社は、顧客情報で確認します。
顧客情報で居住地情報を確認できない場合は、旅行者の運転免許証などで確認します。
宿泊施設による直接販売の場合は、旅行者の運転免許証などで居住地情報を確認します。

同行者が東京在住の場合

申込代表者が東京都以外に在住の場合でも、同行者の中に東京都在住の方がいる場合は東京都在住の方は割引対象外となります。
旅行会社窓口でのお申し込み時、代表者の住所しか入力はないが、宿泊施設でのチェックイン時、公的機関が発行する身分証明書等により確認を行うことがあります。
事後に明らかになった場合には、返還請求されることがあります。

参加事業者について

観光庁公式サイトにてキャンペーン対象決定事業者が公開されました。

Go To トラベル事業参加登録リスト【旅行事業者】

Go To トラベル事業参加登録リスト【宿泊事業者】

登録された旅行会社や宿泊施設は、あらかじめ割り引き分を反映させた価格で、旅行商品などを販売できます。

 

Go To トラベルキャンペーンを予約するならこちらのサイトがおすすめ

 

GoToトラベル

旅行業界の支援の為に国内旅行を対象に、宿泊や日帰り旅行代金の半額相当が支援される制度です。

GoToトラベル概要

  1. 実施期間:2020年7月22日〜2021年2月1日チェックアウトまで
  2. 対象商品:旅行会社のパッケージツアー、ホテル予約、日帰り旅行
  3. 補助金額:旅行代金の最大半額(補助金のうち、7割が旅行代金の割引、3割が地域共通クーポン)
  4. 割引上限:1名1泊あたり2万円(日帰りは1万円)
  5. 対象:国内旅行者が対象(訪日外国人旅行者は対象外)

補助金額には上限があり、 1人あたり1泊最大2万円まで 、日帰りの場合は最大1万円までと決まっています。
連泊や利用回数の制限はありませんので、何度でも使うことが出来ます。

補助金額内訳

例えば、1人で1泊2万円の旅行をした場合、半額の1万円が支援されます。
内訳は支払いの時点でまず旅行代金が7000円割引になります。

残りの3000円分は土産物店や飲食店で使える「地域共通クーポン」としてもらえます。
7割程度は旅行代金の割引、 3割程度は旅行先で使えるクーポンがもらえる仕組みとなっています。

(例)1人1泊40,000円の宿泊代金の場合

  1. 旅行代金40,000円のうち最大50%(20,000円)を補助
  2. 補助金20,000円のうち、70%(14,000円)を旅行代金から割引
  3. 補助金20,000円のうち、30%(6,000円)の地域共通クーポンとして付与
  4. 旅行代金は26,000円、6,000円の地域共通クーポン

最大の割引を受けるには、1泊4万円の旅行ということになります。
連泊や利用回数の制限もないので、2泊で4万円、3泊で6万円の補助が受けられます。

宿泊を個人で申し込むと交通費は割引の対象外

宿泊旅行は、JTBや日本旅行などの旅行代理店、じゃらんや楽天トラベルなどのOTA(オンライン予約サイト)、直接宿泊施設へ予約する宿泊も対象になるのでホテルや旅館、届出のある民泊も対象になります。

 

旅行代理店を通じて宿泊と交通機関がセットになったプランを申し込んだ場合は、セット代金全体が割引の対象になります。
ただし、個人で直接宿泊施設に申し込む場合は、宿泊代のみが割引の対象で、往復の交通費は割引の対象にはなりません。

関連記事

新型コロナウイルス感染症の流行によって経済的損失を被った旅行業界や国内旅行の再活性化を目指した「Go To トラベルキャンペーン」は7月22日のご宿泊から適用されています。 旅行代金の最大35%が割り引かれる、大変なお得なキャンペーンです[…]

■日帰り旅行は旅行代理店経由のみ対象

日帰り旅行は、これは宿泊をしないため、旅行代理店などで予約しないと割引の対象になりません。
例えば、新幹線の往復乗車券を合わせた日帰り温泉や、往復の乗車券等の移動と旅行先での食事や観光体験等などのセットプランが対象になっています。

往復の交通(飛行機・鉄道・バスなど)+ 旅先でのアクティビティ(日帰り温泉、バイキングなど)がセットになった旅行商品のことです。

地域共通クーポン

Go To トラベルの地域共通クーポンは、①紙媒体のクーポン、②電子媒体のクーポンの2種類を想定しています。

地域共通クーポンは10月1日以降の開始になります。

地域共通クーポンは、①紙媒体のクーポン、②電子媒体のクーポンの2種類を想定しています。

旅行者は旅先の対象店(飲食店・土産店・観光施設など)で、紙媒体のクーポンまたはスマートフォンなどでQRコードを表示して、代金の支払いに利用できます。

関連記事

コロナ感染拡大により落ち込む旅行需要を喚起するため、国内旅行の代金の1/2相当の額を給付することを決めた「GoToトラベルキャンペーン」。 現在宿泊代金の35%分の補助のみで開始していますが、お土産や飲食店で使える地域共通クーポンは10月[…]

GoToキャンペーンの開始時期

実施期間:2020年7月22日〜2021年2月1日チェックアウトまで

①7月22日以降の旅行代金を先行的に35%割引、既に予約されている方については、旅行後の申請により割引分を還付します。

②7月27日以降、旅行事業者やオンライン旅行予約サイトなど準備の整った事業者から割引価格での旅行の販売を実施します。

下記の書類を旅行後に事務局へ送付することで、事務局が書類を確認後、旅行者の口座やクレジットカードに振込や還付などを行います。

還付手続き方法

宿泊施設へ直接予約手続きを行った場合や、予約サイト等で予約手続きを行い、宿泊施設で支払いをした場合、以下の必要書類を下記送付先まで提出する必要があります。

必要書類

  1. 事後還付申請書(様式第1号) (Excelはこちら)(PDFはこちら)
  2. 支払内訳がわかる書類(支払内訳が記載された領収書、支払内訳書等) (Excelはこちら)(PDFはこちら)
  3. 宿泊証明書(氏名、宿泊日、宿泊人数などの情報が記載されているもの) (Excelはこちら)(PDFはこちら)
  4. 口座確認書(旅行者用)(様式第2号) (Excelはこちら)(PDFはこちら)
  5. 口座番号を確認できる書類(通帳の写し、キャッシュカードの写し等)
  6. 代表者の住所が確認できる書類(免許証の写し、健康保険証の写し等)
  7. 同行者居住地証明書(様式第21号)※1名でご利用の場合は、提出不要です (Excelはこちら)(PDFはこちら)

オンライン申請を推奨しております。
オンライン申請はこちら

郵送をご希望の場合は、必要書類をご準備の上、下記送付先へ送付ください。

申請書類送付先

〒105-0003
東京都港区西新橋1丁目 24−14 西新橋一丁目ビル6階

Go To トラベル事務局 還付申請係 宛

申請期間

令和2年8月14日(金)から令和2年9月14日(月)まで ※消印有効

給付金の振込

すべての申請書類を受理・確認した後、給付金が指定の口座に振り込まれる。
なお、振込が完了した旨を、事務局から個別に通知することはない

一番コスパのよい金額はいくら?

Go To トラベルの還元金額については、1泊1人当たり14,000円が上限となっています。
一番お得にこの制度を活用できるのは、いくらでしょうか?

1名1泊の場合

上限:¥14,000

宿泊費総額 Go To トラベル 最大35%割引還元額
¥30,000 ¥10,500
¥40,000 ¥14,000
¥50,000 ¥14,000

2名1泊の場合

上限:¥28,000

宿泊費総額 Go To トラベル 最大35%割引還元額
¥70,000 ¥24,500
¥80,000 ¥28,000
¥90,000 ¥28,000

2名2泊の場合

上限:¥56,000

宿泊費総額 Go To トラベル 最大35%割引還元額
¥80,000 ¥28,000
¥160,000 ¥56,000
¥200,000 ¥56,000

1人1泊あたり40,000円の旅行代金が最もコスパがよいことになります。

Go To トラベル クーポンの割引は宿泊プラン料金に対して適応されます。

Go To トラベルキャンペーンを販売する旅行会社

Go To トラベル事業では、幅広い旅行会社・宿泊施設が参加しています。

Go To トラベルを販売する主な事業者

大手旅行会社

JTB・HIS・日本旅行・近畿日本ツーリストなど

オンライン予約サイト

楽天トラベル・じゃらん・一休

宿泊施設

各ホテル・旅館・民宿・ペンション・コテージ・民泊など

 

Go To トラベルキャンペーンを予約するなら

Go To トラベルキャンペーンを予約するならどこがお得なのでしょうか。

やはり強いのは、オンライン予約サイトの大手でしょう。
楽天やじゃらんでは、航空券付きの旅行や日帰り旅行などの豊富な旅行商品を扱っています。

ソーシャルディスタンスの中で、対面での予約からオンラインへの予約へシフトしており、システムの強い大手のオンライン予約サイトでの予約がおすすめです。

予約サイトによっても、旅行代金は大きく変わりますので、最大限に割引を受けて豪華な旅行にするのがおすすめです。

■航空券付きのダイナミックパッケージを販売しているおすすめの予約サイト

  • 楽天トラベル
    5

    ■楽天トラベルを利用するメリット

    日本国内のホテル・旅館・ペンションなどの宿泊施設予約を軸に、高速バスチケットの販売、国内航空会社各サイトの仲介、国際線航空券の販売、また、「楽パック」と呼ばれる国内旅行のダイナミックパッケージと海外旅行のツアー・ダイナミックパッケージを扱っています。

    楽天スーパーセールなどで発行されるクーポンが多かったり、ポイントupプランが多いので、タイミングによっては思わず安く予約できるのが楽天トラベル。

    楽天のポイントはいろいろなキャンペーンを利用することで、もらえるポイント増やせることがメリットです。

  • Yahoo! トラベル
    5

    ■Yahooトラベルを利用するメリット

    インターネット検索大手のYahooの旅行サイトですが、Yahooが旅行商品を作っているわけではありません。
    実は「ホテル予約サイトごとの料金比較サイト」であり、複数の旅行会社の料金が比較できます。

    Yahoo!トラベルではTポイントがたまります。
    さらにYahoo!プレミアム会員/ソフトバンクスマホユーザーならヤフープランのポイントがいつでも5%以上溜まるので、あてはまるのであればポイント面での優遇は大きいです。
    クーポンやタイムセールも定期的に開催しているので、タイミングが合えばお得に利用できます。

  • じゃらん
    5

    ■じゃらんを利用するメリット

    国内旅行の分野では、楽天が運営する楽天トラベルなどと共に、代表的な旅行予約ウェブサイトの一つです。

    じゃらんはキャンペーンの数が他のサイトより多いのが特徴。
    ホテルとしてはキャンペーンが多いと料金も安く出さないといけないので、他のサイトよりも安くなりがちです。
    宿泊予約をすると2パーセントがPontaポイントとしてたまります。

    交通+宿泊のじゃらんパックは事前のクーポン獲得が必要です。

    じゃらんパッククーポンはこちら

     

  • エクスペディア
    5

    ■Expediaを利用するメリット

    エクスペディアは、世界30か国以上でサービス展開しているグローバルな旅行予約サイトです。
    国内・海外のホテル、航空券、その他旅行に必要なものをワンストップで予約ができます。
    海外旅行に強いサイトでしたが、最近は日本国内の旅行でもエクスペディアを利用する旅行者は増えています。

    Expediaの会員はクーポンやセールも充実しており、メールで会員限定のクーポンが配布されます。

  • JTB
    5

    ■JTBを利用するメリット

    誰もが知っている日本でナンバーワンの旅行会社。

    高級旅館・ホテルから、 お得なシティホテルなど24時間オンライン予約可能です。
    ホテルからの在庫が特別枠をもらっていることもあり、他の予約サイトで予約できない時もJTBなら空いていることもあります。
    るるぶトラベルプラン、JRや航空券(JAL,ANA)などの交通と宿泊がセットになったプランが人気です。
    割引クーポンやタイムセールプランもあるのでタイミングによってはお得に予約できます。

    JTB

関連記事

関連記事

楽天トラベル、じゃらん、Yahoo!トラベルなど沢山のホテル予約サイトがありますが、国内旅行をする時にどのホテル予約サイトを選べばいいか分からないという方も多いのではないでしょうか。 最近はネットで簡単に宿泊の予約ができるようになりま[…]

おすすめの旅行エリア

夏の旅行で人気なのは沖縄が圧倒的に人気です。
ハワイやグアムなどの、海外リゾートを計画していた人も国内旅行にシフトしています。
そうなると、沖縄に旅行が集中してきます。

なかでも、3密を避けた離島エリアが穴場になります。
圧倒的な海のきれいさと、海外リゾートに引けをとらないリゾートホテルがある沖縄の離島が人気エリアです。

■宮古島

宮古島は高級リゾートホテルが多くあり、宮古ブルーと呼ばれる海の透明度に定評があるリゾートエリアです。
東洋一美しいと言われている海もあり、海は10~11月まで入ることができるので海外リゾートに近い人気の旅行先です。

宮古島おすすめホテル

日本一美しい海・至高のリゾート宮古島 ホテルや観光などの宮古島の魅力をお伝えします!…

GoToトラベルで行きたい!宮古島のプライベートプール付きホテルランキング

GoToトラベルで行きたい!宮古島のオーシャンビューホテルランキング

■石垣島

亜熱帯の美しく雄大な自然と、リゾートホテルやショッピングモール・都市機能が整った人気の旅行先。
ミシュランで星を獲得した人気の景勝地「川平湾」を代表とするサンゴ礁の海が美しい自然豊かな離島です。
マリンアクティブを楽しんだり、のんびりビーチを満喫したり、島内を爽快なドライブで散策をしたり、ご当地グルメや南国フルーツを味わったり、さまざまな魅力スポットあふれるのが石垣島です。

石垣島おすすめホテル

石垣島は、日本の中でも屈指の観光地。透明度の高い海や本州では見られない星空、南国特有のグルメなど、たくさんの魅力にあふれ…

 

■沖縄本島

日本国内で屈指の人気の旅行先。美ら海水族館や国際通りなど人気スポットがたくさんあります。
透明度抜群のビーチや世界遺産、テーマパークなど何度でも訪れたくなる観光地です。
リゾートホテルも充実しており、世界に誇れるリゾートが沖縄本島です。

沖縄リゾートホテル

沖縄は日本有数の観光地。青い海やビーチ、豊かな自然が美しいことで有名です。 沖縄県で一度は泊まりたいオススメのホテルを紹…

Go To Eatキャンペーン

「Go To Eatキャンペーン」とは、飲食店での支払い時に特典や補助が出る制度です。

①ポイント還元やプレミアム付き食事券の発行を支援することで、感染予防対策に取り組む飲食店の需要を喚起し、同時に食材を供給する農林漁業者を支援する

②主な支援内容は、以下のの2点です。
・オンライン予約サイトで予約・来店した方へ、次回に使える1人最大1,000円分のポイントを付与
・地域内の登録店舗で使える25%のプレミアムを付けた食事券を発行する

③実施時期は、8月下旬以降に準備のできた地域から、プレミアム付き食事券の発行を順次実施する予定。
オンライン予約によるポイント還元は、現在未定です。

④参加登録店舗には、感染予防対策に取り組むことを条件とし、利用者にも「新しい生活様式」に基づいた利用を呼びかけます。

「Go To トラベルキャンペーン」と「Go To イートキャンペーン」は併用できる予定です。

例えば、Go To トラベルキャンペーンで泊まりたかったホテルに朝食付きや素泊まりで泊まり、Go To イートキャンペーンで旅先で人気の飲食店を利用するといった活用をすることができます。

ポイント1人最大1,000円分・25%お得な食事券|Go To Eatキャンペーンの最新情報

まとめ

Go To トラベルキャンペーンは、過去例をみない予算で行われる大規模な旅行需要喚起の政策です。
感染拡大の懸念は完全に払しょくされていませんが、この機会を逃すと豪華な旅行に行ける機会はなかなかないのではないでしょうか。
特に高級リゾートホテルは、予約が集中してしまう可能性が高いです。

予算には限度があるので早めの予約がおすすめです。

最新情報をチェックしよう!
>ブログでも情報を発信しています

ブログでも情報を発信しています

SeeSaaブログでもWEBサービスの情報を発信しております。 割引や無料などの情報もありますのでお見逃しなく!!

CTR IMG