Gotoトラベル再開は2022年1月中旬頃から 新たな割引内容について最新情報

観光支援策「GoToトラベルキャンペーン」は、補助金の上限を1万3,000円とする方向で調整しているようです。

これまで最大1人2万円だった補助の上限を、1万3,000円に引き下げる方向で検討されており、高級ホテル利用の際の割引額が縮小され、中小ホテルへの利用を促進する内容になります。

内訳は、旅行代金の割引率を減らし、上限を1万円に引き下げ、旅行先で使えるクーポン券については、利用が休日に集中するのを避けるため、平日3,000円、休日1,000円となる予定です。

再開時期は、感染状況もふまえ、2022年1月中旬ごろの再開を検討しています。

新たな「GoToトラベルキャンペーン」の内容を解説します。

「GoTo2.0」とは

GoToトラベルについては、1人1泊につき2万円を上限に旅行代金の半額を補助した政策でした。

結果、割引の大きい高額宿の人気が高まり、週末や連休に予約が集中する課題がありました。

「GoTo2.0」では、中小の宿泊事業者の割引率のUP、休日と平日で割引率に差をつけるという内容が検討されております。

また、ワクチン接種証明や陰性証明証により割引率をUPする案も浮上しております。

地域共通クーポンの配布も予定されていますが、非対面の機会を増やす為に地域共通クーポンはデジタル化の促進がされることが予想されます。

まとめると以下の4点が実施されると予想されます。

 

①中小の宿泊施設にまで行き渡る支援策

大手のホテルチェーンなどに予約が集中するところを中小規模の宿泊施設でも効果が期待できる支援策。

②休日と平日で割引率を変動させて需要を分散させる

休日と平日で割引率を変えて特定の日の集中を防ぐ

③ワクチン・検査パッケージを活用した割引率のUP

旅行会社の実証実験の結果を見て「旅行の新たなガイドライン策定」を行い、ワクチン接種証明や陰性証明証により割引率をUP

④クーポンなどのデジタル化

紙媒体のクーポンをアプリ導入などデジタル化を促進する

 

Go Toトラベル再開後の割引について

 

従来の制度は、1人1泊あたり旅行代金の35%(上限1万4000円)の割引を受けられる仕組みでした。
高級ホテルに顧客が流れる傾向があり、中小事業者には恩恵が薄いとも指摘されてきたこともあり、再開にあたり、30%(上限1万円)に引き下げる案を検討しています。

宿泊先の地域で使う想定で旅行代金の15%分が配布されたクーポン券は、平日3000円、休日1000円の定額制とする方向です。
休日に集中しがちな旅行を、平日に促す仕組みです。

使用可能な期間もゴールデンウィークは対象外として、GW以降は補助率を下げ、夏休み前に終了する予定です。

割引率や割引額

(出典 Go To トラベル事務局 https://goto.jata-net.or.jp/index.html#main)

従来の制度は、1人1泊あたり旅行代金の35%(上限1万4000円)の割引を受けられる仕組みでした。
高級ホテルに顧客が流れる傾向があり、中小事業者には恩恵が薄いとも指摘されてきたこともあり、再開にあたり、30%(上限1万円)に引き下げることになります。

宿泊先の地域で使う想定で旅行代金の15%分が配布されたクーポン券は、平日3000円、休日1000円の定額制とする方向です。
休日に集中しがちな旅行を、平日に促す仕組みです。

 

Go Toトラベル再開前の予約もあとから割引に

各社、GoToトラベル再開後の動きに乗り遅れないように、再開前にした予約についても、Go Toトラベルキャンペーンの割引の金額を適用させるように動いています。

以下おすすめの予約サイトでは、GoToトラベル再開後に自動的に割引が適用になるようなシステムを導入しています。

予約サイトによっても、旅行代金は大きく変わりますので、最大限に割引を受けて豪華な旅行にするのがおすすめです。

県民限定クーポン

GoToトラベル再開まで、県民限定で補助金を使った割引「地域観光事業支援(県民割)」を行っている県があります。
こちらのページから各都道府県が実施するクーポンをチェックしてみてください。

 

楽天トラベルはこちら

 

じゃらんはこちら

 

 

 

おすすめの予約サイト

予約サイトによっても、旅行代金は大きく変わりますので、最大限に割引を受けて豪華な旅行にするのがおすすめです。

 

  • 楽天トラベル
    5

    ■楽天トラベルを利用するメリット

    日本国内のホテル・旅館・ペンションなどの宿泊施設予約を軸に、高速バスチケットの販売、国内航空会社各サイトの仲介、国際線航空券の販売、また、「楽パック」と呼ばれる国内旅行のダイナミックパッケージと海外旅行のツアー・ダイナミックパッケージを扱っています。

    楽天スーパーセールなどで発行されるクーポンが多かったり、ポイントupプランが多いので、タイミングによっては思わず安く予約できるのが楽天トラベル。

    楽天のポイントはいろいろなキャンペーンを利用することで、もらえるポイント増やせることがメリットです。

  • Yahoo! トラベル
    5

    ■Yahooトラベルを利用するメリット

    インターネット検索大手のYahooの旅行サイトですが、Yahooが旅行商品を作っているわけではありません。
    実は「ホテル予約サイトごとの料金比較サイト」であり、複数の旅行会社の料金が比較できます。

    Yahoo!トラベルではTポイントがたまります。
    さらにYahoo!プレミアム会員/ソフトバンクスマホユーザーならヤフープランのポイントがいつでも5%以上溜まるので、あてはまるのであればポイント面での優遇は大きいです。
    クーポンやタイムセールも定期的に開催しているので、タイミングが合えばお得に利用できます。

  • じゃらん
    5

    ■じゃらんを利用するメリット

    国内旅行の分野では、楽天が運営する楽天トラベルなどと共に、代表的な旅行予約ウェブサイトの一つです。

    じゃらんはキャンペーンの数が他のサイトより多いのが特徴。
    ホテルとしてはキャンペーンが多いと料金も安く出さないといけないので、他のサイトよりも安くなりがちです。
    宿泊予約をすると2パーセントがPontaポイントとしてたまります。

     

  • エクスペディア
    5

    ■Expediaを利用するメリット

    エクスペディアは、世界30か国以上でサービス展開しているグローバルな旅行予約サイトです。
    国内・海外のホテル、航空券、その他旅行に必要なものをワンストップで予約ができます。
    海外旅行に強いサイトでしたが、最近は日本国内の旅行でもエクスペディアを利用する旅行者は増えています。

    Expediaの会員はクーポンやセールも充実しており、メールで会員限定のクーポンが配布されます。

  • JTB
    5

    ■JTBを利用するメリット

    誰もが知っている日本でナンバーワンの旅行会社。

    高級旅館・ホテルから、 お得なシティホテルなど24時間オンライン予約可能です。
    ホテルからの在庫が特別枠をもらっていることもあり、他の予約サイトで予約できない時もJTBなら空いていることもあります。
    るるぶトラベルプラン、JRや航空券(JAL,ANA)などの交通と宿泊がセットになったプランが人気です。
    割引クーポンやタイムセールプランもあるのでタイミングによってはお得に予約できます。

    JTB
最新情報をチェックしよう!
>ブログでも情報を発信しています

ブログでも情報を発信しています

SeeSaaブログでもWEBサービスの情報を発信しております。割引や無料などの情報もありますのでお見逃しなく!!

CTR IMG