ダイハツ 認証試験不正の対象車種一覧 納車前ならキャンセルできる?

12月20日、ダイハツ工業は車両の安全性を確認する衝突試験で不正をおこなっていた問題で、64車種と3種類のエンジンで不正が確認されたと発表しました。

ダイハツ車を購入予定の方々や、すでに注文している方々にとっては、大きな関心事です。

そこで、この記事ではダイハツの不正行為に関連する車種一覧と、納車前のキャンセルについて詳しく解説します。

ダイハツの認証試験不正について

ダイハツは、ドアトリム不正を発端とする一連の調査報告書を国土交通省や経済産業省へ報告した調査の結果、4月のドアトリム不正、5月のポール側面衝突試験不正に加えて、新たに25の試験項目で174個の不正行為を確認されました。


認証試験に合格するための意図的な不正に加え、合格を見込むものの確実にするための不正も行っていたようです。

この不正行為は、車両の排ガスや燃費データに関連しており、消費者に正確な情報を提供していなかったことになります。このような行為は、消費者の信頼を損なうだけでなく、環境規制違反にもつながりかねません。

対象となる車種一覧

不正行為が確認された車種は、すでに生産を終了したものも含め、64車種・3エンジン(生産・開発中および生産終了車種の合計)。

この中には、「ダイハツ」ブランドの車種に加え、トヨタ自動車(トヨタ)、マツダ、SUBARUへOEM供給をしている車種も含みます

ダイハツが公表した不正行為の対象となる車種は、国内販売車種、生産終了車種、海外販売車種の3つのカテゴリーに分けられます。

具体的な車種一覧については、ダイハツの公式サイトやニュースリリースで確認できます。

これらの車種を購入したり、検討している方々は、最新の情報を確認することが重要です。

納車前のキャンセルは可能か?

このような状況下で、多くの方が気になるのは「納車前のキャンセルは可能か」という点です。

契約成立してしまった後は、契約書にキャンセルできる旨の記載がなければ、基本的にキャンセルすることはできません。

ただし例外として、契約後にキャンセルが認められるケースがあります。

1:売買契約書に規定がある

売買契約書に規定がある場合にはキャンセルできます。

車を購入する際の売買契約書に記述されている内容に、契約取り消しに関する規定があった場合、その規定に該当するケースであればキャンセルに応じてくれます。

ただしキャンセルができたとしても、キャンセルにともなう違約金が設定されているケースもあるので、契約の際には売買契約書にしっかり目を通しておきましょう。

2:契約確定前

2つ目は、正式に契約が成立していない”契約確定前の場合”はキャンセルできます。

自動車の登録実施日、販売店のパーツ取り付け作業開始日、納車日のうち、一番早い日が契約確定基準日とされているので、それ以前のタイミングであれば、キャンセルに応じてくれる可能性が高いです。

販売店によって違う場合があるため、事前に確認してください。

3:瑕疵が発覚した場合

瑕疵(かし)があることが発覚した場合もキャンセル可能です。

購入した車に”瑕疵”、いわゆる本来あるべき機能や品質に欠陥が見つかった場合、購入者側は、売主側に契約解除、または、損害賠償を請求できることが民法によって定められています。

ただし購入前の段階で明らかにわかるような不具合や瑕疵があり、その旨の説明をうけていた場合は、契約解除ができません。

納車済みの車両に関しては、リコール対応などのメーカー対応が必要になるので、順次対応がメーカーから公表される見込みです。

オーナーとして所有されている方はしばらく不安や不満を抱えながら運転することになってしまうので早く対応されることが望まれています。

ダイハツの企業風土について

ダイハツの企業体質について職員への聞き取りもされましたが、

・職場風土として、『できない』が言えない

・相談しても「どうする?自分で考えろ」が多く、相談にならない

・内部通報を行っても、監査部が直接事実確認する事は無く、当該部署の部長・室長・GL に確認の連絡が行くのみで、隠ぺいされるか、通報者の犯人探しが始まるだけ

といったブラックな企業風土も発覚し、企業としての信用を大きく失うことになりました。

まとめ

ダイハツ工業の認証試験不正問題は、多くの消費者にとって重要な問題です。対象車種の確認と、納車前のキャンセルに関する情報は、購入を検討している方々にとって特に重要です。この問題を通じて、消費者の権利の重要性と、自動車業界の透明性が改めて浮き彫りになりました。今後の動向に注目が集まります。

最新情報をチェックしよう!
>日本の話題のニュースをお届け

日本の話題のニュースをお届け

CTR IMG