松本人志「とうとう出たね。。。」と女性の感謝メッセージ画像は本物?どういう意味?

日本のお笑い界の大御所、ダウンタウンの松本人志さんが、2024年1月5日に自身のX(旧ツイッター)を更新し、話題を集めています。

彼の投稿は、「とうとう出たね。。。」というコメントと共に、ある女性の感謝メッセージの画像が添付されていました。

この投稿は、一部週刊誌による報道と関連があるようですが、その背景には何があるのでしょうか。

週刊誌報道と吉本興業の反応

この騒動の始まりは、一部週刊誌が松本人志さんに関するある報道をしたことにあります。

報道によると、松本さんが2015年にある女性と性的行為を行ったとされています。

これに対して、松本さんが所属する吉本興業は、報道された内容が「客観的事実に反する」として、全面否定。

さらに、記事が松本さんの社会的評価を著しく低下させ、名誉を毀損するものであるとして、法的措置を検討する姿勢を見せました。

松本人志の投稿の意味

松本さんのXでの投稿は、この週刊誌報道に対する何らかの反応と見られています。

週刊誌によると、松本さんは都内の高級ホテルで開かれた飲み会で、ある女性から性被害を受けたとされています。

この女性は、会合後にスピードワゴンの小沢一敬さんに対して、LINEでお礼のメッセージを送っていたと報じられました。

彼が添付した画像は、週刊女性PRIMEが「流出画像」と報じたもので、小沢一敬さんや松本さんとの会合に参加した女性が帰宅後に小沢さん宛に送ったとされる、会への参加を喜び、2人に感謝する内容のメッセージが書かれていました。

この投稿により、松本さんは週刊誌の報道に対する自身の立場を間接的に示したと考えられます。

彼の「とうとう出たね。。。」というコメントは、このような形で事実が明らかになることを予期していたかのようなニュアンスを含んでいます。

このスクリーンショットは「週刊女性」によって「内容は本物で間違いない」とされていますが、その真偽には疑問が残ります。

このスクリーンショットは以前からSNS上に流通していたもので、真偽は不明で、このメッセージには、2015年当時には存在しなかった絵文字が使用されていることや、文体が疑問視されています。


週刊文春は、別の被害女性からの告発も報じており、飲み会で携帯電話が回収されたという重要な経緯があるので、スクリーンショットが自作自演で捏造された可能性が指摘されています。

また、週刊女性の報道が吉本興業の圧力によるものではないかという疑念も浮上しています。

週刊文春の追撃報道と吉本興業の圧力疑惑

週刊文春は、別の被害女性からの告発も報じており、飲み会で携帯電話が回収されたという重要な経緯があります。これにより、スクリーンショットが自作自演で捏造された可能性が指摘されています。また、週刊女性の報道が吉本興業の圧力によるものではないかという疑念も浮上しています。

一方でファンからは、本物だと信じる声もあがっています。

松本人志の今後

この一連の騒動は、松本さんの出演番組からのスポンサー離れを引き起こし、彼のキャリアに大きな影響を与えています。松本擁護派と批判派の間で意見が分かれている中、今後の展開が注目されています。

この騒動は、メディアの報道姿勢、公人のプライバシー、そしてSNSの影響力など、多くの社会的問題を浮き彫りにしています。松本さん自身の真意や、報道された内容の真偽は、今後の展開を見守る必要がありそうです。

最新情報をチェックしよう!
>日本の話題のニュースをお届け

日本の話題のニュースをお届け

CTR IMG