かがみの孤城の最後のシーンの解説 リオンの記憶とこころのその後は?

金曜ロードショーで放送されたかがみの孤城、この物語は多くの読者に感動を与え、そして多くの疑問を残す映画です。

特に最後のシーンは、読者に深い印象を与えるとともに、リオンとこころの運命について多くの想像をかき立てます。

この記事では、かがみの孤城の最終章におけるリオンの記憶と、こころとリオンのその後について、事実に基づいて解説していきます。

かがみの孤城の概要とあらすじ

『かがみの孤城』は、辻村深月による同名小説を原作としたファンタジーミステリーアニメ映画です。2018年の本屋大賞を含む数多くの賞に輝いたこの作品は、学校に居場所がなく部屋に閉じこもっていた中学生のこころが、ある日部屋の鏡に吸い込まれ、おとぎ話のような別世界へと導かれる物語です。

この世界でこころは、狼の仮面を被った少女によって集められた見知らぬ中学生6人と出会います。

彼らはそれぞれに孤独と苦悩を抱えており、この不思議な城で共に時間を過ごす中で、自分たちの心の傷を癒やしていきます。

監督は『カラフル』の原恵一が務め、アニメーション制作は『心が叫びたがってるんだ。』のA-1 Picturesが担当。

声の出演には當真あみらをはじめ、北村匠海、吉柳咲良、板垣李光人などが名を連ねています。

この映画は、孤独やいじめ、家族関係の問題など、現代の中学生が直面するさまざまな問題を扱いながらも、希望と再生のメッセージを伝える作品となっています。

キャスト

安西こころ:當真あみ
水守理音:北村匠海
井上晶子:吉柳咲良
長久昴:板垣李光人
長谷川風歌:横溝菜帆
政宗青澄:高山みなみ
嬉野遥:梶裕貴
リオン:矢島晶子

リオンの記憶は?

物語の終盤、リオンと他の登場人物たちは、オオカミさまとの別れを経て、現実世界に戻ります。

しかし、彼らの記憶は完全に消去されたわけではありませんでした。

特にリオンに関しては、オオカミさま(リオンのお姉さん)が特別に「おまけ」をしたことで、リオンだけが多少の記憶を残している状態でした。

これは、リオンが他のキャラクター、特にこころと再び接点を持つための伏線とも取れます。

こころとリオンのその後は?

物語の最後には、リオンがこころの中学に転校してくるシーンが描かれます。

リオンはこころに声をかけますが、こころはリオンのことを覚えていないように見えます。

しかし、オオカミさまがリオンにだけこころの記憶を残してくれた可能性が示唆されています。

これは、こころが皆を助けたことへの感謝の意味も込められているのかもしれません。

オオカミさまの最後の言葉「ありがとう、安西こころさん」は、この物語の中で非常に重要な意味を持ちます。

SNSでも最高でしたという声が多くありました。

かがみの孤城のラストシーン

かがみの孤城の最後のシーンは、リオンとこころの未来について多くの想像を残します。

リオンの記憶が完全には消えていないこと、そしてオオカミさまがこころへの感謝を表してリオンに何らかの記憶を残した可能性があるとみられており、リオンは記憶がなくなっていないようです。

最後オオカミ様が仮面を外しながら「善処する」と発言しているように、リオンの記憶を消すという発言を無かったことにしています。

ただ、「善処する」と発言したのはリオンだけに対してなので他のみんなは記憶を消されています。

『かがみの孤城』の物語では、主人公たちがおとぎ話のような不思議な城で出会い、共に成長していく過程が描かれます。

しかし、物語の終盤では、彼らが現実世界に戻る際に記憶を失ってしまうという展開があります。

このため、現実世界で彼らが再び出会うことは、記憶を失った状態であるため、互いを認識することは難しいとされています。

ただし、物語の中でリオンだけが特別に記憶を残している可能性が示唆されており、こころとの再会シーンが描かれています。

このことから、彼らが再び出会い、かつての絆を取り戻す可能性については、読者や視聴者の想像に委ねられています。

『かがみの孤城』は、登場人物たちが直面する困難や孤独を乗り越え、成長していく姿を描いた作品です。

彼らが再び会えるかどうかは明確には描かれていませんが、物語の中で築かれた絆や、彼らが共有した経験の価値は、記憶を超えて彼らの心に残るものとして描かれています。

したがって、彼らが再び会えるかどうかについては、物語を通じて得られる希望や解釈によって異なる答えが導かれるでしょう。

物語は終わりましたが、リオンとこころの物語はまだ続いているのかもしれません。

読者一人ひとりが想像する「その後」が、かがみの孤城の魅力の一つと言えるでしょう。

原作の深い理解には、映画やアニメだけでなく、小説を読むことが推奨されます。

小説では、アキのその後も含め、アニメでは描かれなかった部分が詳細に描かれています。

かがみの孤城は、中学生の心の苦しみを言語化し、多くの人々に共感を呼び起こす作品です。

最後に記憶がなくなることで、自分の力で生きてほしいというメッセージを感じ取ることができるでしょう。

最新情報をチェックしよう!
>日本の話題のニュースをお届け

日本の話題のニュースをお届け

CTR IMG