都民限定「もっと Tokyo」宿泊代が実質ゼロや黒字も!予約開始はいつから?

東京都は、 東京都民が都内を観光する際に 1 泊 5000 円、日帰り旅行で 2500 円を補助する「もっと楽しもう!TokyoTokyo」を開催します。
対象事業者は楽天トラベル、じゃらん、一休.com等の旅行会社となります。

「もっと楽しもう!TokyoTokyo」の略称「もっと Tokyo」とは、新型コロナウイルス感染症の影響を受けた東京の観光を盛り上げていくため、
東京の魅力を国内に広くPRする為のキャンペーンで、東京都民による東京都内での「宿泊を伴う旅行」や「日帰り旅行」に対して定額の助成を行う東京都独自の支援策です。

「Go To トラベルキャンペーン」(旅行代金 35%割引)との併用ができます。
これにより宿泊プランによっては宿泊代金が実質ゼロ(条件によっては実質黒字)で利用できる超お得なキャンペーンです。

具体的には、旅行業者等が取り扱う「宿泊旅行」や国の「Go To トラベル事業」に登録した宿泊事業者が直接販売を行う宿泊に対して1泊 5,000 円を助成、旅行業者等が取り扱う「日帰り」旅行では1回 2,500 円を助成します。

もっと Tokyo を利用するためには、もっと Tokyo を取り扱うオンライン予約サイトやホテル公式サイト等にて予約を行う必要があります。

もっと楽しもう!TokyoTokyo 割引金額

もっと楽しもう!TokyoTokyo の割引額は、Go To トラベルと併用するかどうかで、助成対象となる旅行価格が異なるため注意が必要です。

宿泊旅行の場合は、Go To トラベルと併用する場合は、9,000 円以上の旅行が対象となり、併用しない場合で予約先が旅行業者や OTA 業者の場合は 6,000 円以上の旅行が対象。

 

助成対象・助成金額
助成対象 助成金額
・旅行業者等が取り扱う「宿泊を伴う」旅行

・国の「Go To トラベル事業」に登録した宿泊事業者が直接販売を行う宿泊

1泊5,000円
・旅行業者等が取り扱う「日帰り」旅行 1回2,500円

事業規模

400,000泊分

対象

東京都民が東京都内の旅行で使う場合のみ利用可能

 

GoToトラベル併用

国の政策Gotoトラベルキャンペーンとの併用をするかしないかで、助成金額が違ってきます。

Go To トラベルを併用する宿泊旅行では、旅行代金が 9,000 円以上となる場合が対象となり、日帰り旅行の場合は、4,500 円以上の旅行が対象です。

助成イメージ

 

予約開始

「もっと Tokyo」は、10 月 23 日 14 時以降「準備が整った事業者」から予約が開始される見込みです、各社一斉に 14 時同時開始ではなく、準備が整った事業者から順次スタートする形となります。
もっと Tokyo の対象となる旅行は、10 月 24 日以降に旅行が始まり、2021 年 3 月 31 日までに完了する旅行で、予算がなくなり次第、終了となります。

宿泊対象期間
2020年10月24日~2021年3月31日まで

10/23(金)14時以降予約開始の予定ですが、準備ができた旅行会社より販売が開始されています。

販売が開始されている旅行会社の特集ページ

楽天トラベル

じゃらん

近畿日本ツーリスト

るるぶトラベル

JTB

エアトリ

HIS

対象施設

もっと楽しもう!TokyoTokyo の登録対象となる宿泊事業者は、旅館業法に基づく旅館業の許可を受けたもののうち、東京都内で営業する宿泊施設です。特区民泊や住宅宿泊事業などの民泊は対象外です。

ダイビングスポットとして有名な小笠原諸島をはじめ、東京都の島々の宿泊施設も対象です。
大島、利島、新島、式根島、神津島、三宅島、御蔵島、八丈島、青ヶ島、小笠原諸島などがあります。

 

料金シミュレーション

例えば2人で合計1泊20000円のホテルの場合。

宿泊割引額は35%なので2人で7,000 円、地域共通クーポンは3,000 円もらえます。
実質2名10,000円の旅行ですが、

1人1泊5000円の補助がでるので、2人合計で10000円。
なので、実質0円の旅行ができてしまいます。

楽天トラベルやじゃらんのクーポンを併用すれば、実質黒字になることもあります。

 

予約方法

令和2年10月23日(金)以降に予約/販売を開始し、10月24日(土)以降に旅行が始まり、令和3年3月31日(水)までに完了する旅行とあるので、既存の予約は対象外になり、予約の取り直しが必要です。

もっと Tokyo を適用させる場合、旅行者が行う申請手続きはありません。もっと Tokyo の対象商品は、販売価格が既に旅行代金から助成額分割引されていますので、ご確認の上旅行の予約をしてください。

Go To トラベルともっと Tokyo を併用する場合も同様に、もっと Tokyo の助成分が割引が適用されているか、Go To トラベルの割引が適用されているかを確認のうえ、予約してください。

なお、予約時と旅行時にそれぞれ住所確認が行われるため、現住所の記載のある身分証明書等を忘れずにお持ちください。(旅行時は旅行に参加する都民全員の身分証明書が必要です。)

 

おすすめの予約サイト

予約サイトによっても、旅行代金は大きく変わりますので、最大限に割引を受けて豪華な旅行にするのがおすすめです。

  • 楽天トラベル
    5

    ■楽天トラベルを利用するメリット

    日本国内のホテル・旅館・ペンションなどの宿泊施設予約を軸に、高速バスチケットの販売、国内航空会社各サイトの仲介、国際線航空券の販売、また、「楽パック」と呼ばれる国内旅行のダイナミックパッケージと海外旅行のツアー・ダイナミックパッケージを扱っています。

    楽天スーパーセールなどで発行されるクーポンが多かったり、ポイントupプランが多いので、タイミングによっては思わず安く予約できるのが楽天トラベル。

    楽天のポイントはいろいろなキャンペーンを利用することで、もらえるポイント増やせることがメリットです。

  • Yahoo! トラベル
    5

    ■Yahooトラベルを利用するメリット

    インターネット検索大手のYahooの旅行サイトですが、Yahooが旅行商品を作っているわけではありません。
    実は「ホテル予約サイトごとの料金比較サイト」であり、複数の旅行会社の料金が比較できます。

    Yahoo!トラベルではTポイントがたまります。
    さらにYahoo!プレミアム会員/ソフトバンクスマホユーザーならヤフープランのポイントがいつでも5%以上溜まるので、あてはまるのであればポイント面での優遇は大きいです。
    クーポンやタイムセールも定期的に開催しているので、タイミングが合えばお得に利用できます。

  • じゃらん
    5

    ■じゃらんを利用するメリット

    国内旅行の分野では、楽天が運営する楽天トラベルなどと共に、代表的な旅行予約ウェブサイトの一つです。

    じゃらんはキャンペーンの数が他のサイトより多いのが特徴。
    ホテルとしてはキャンペーンが多いと料金も安く出さないといけないので、他のサイトよりも安くなりがちです。
    宿泊予約をすると2パーセントがPontaポイントとしてたまります。

    交通+宿泊のじゃらんパックは事前のクーポン獲得が必要です。

  • エクスペディア
    5

    ■Expediaを利用するメリット

    エクスペディアは、世界30か国以上でサービス展開しているグローバルな旅行予約サイトです。
    国内・海外のホテル、航空券、その他旅行に必要なものをワンストップで予約ができます。
    海外旅行に強いサイトでしたが、最近は日本国内の旅行でもエクスペディアを利用する旅行者は増えています。

    Expediaの会員はクーポンやセールも充実しており、メールで会員限定のクーポンが配布されます。

  • JTB
    5

    ■JTBを利用するメリット

    誰もが知っている日本でナンバーワンの旅行会社。

    高級旅館・ホテルから、 お得なシティホテルなど24時間オンライン予約可能です。
    ホテルからの在庫が特別枠をもらっていることもあり、他の予約サイトで予約できない時もJTBなら空いていることもあります。
    るるぶトラベルプラン、JRや航空券(JAL,ANA)などの交通と宿泊がセットになったプランが人気です。
    割引クーポンやタイムセールプランもあるのでタイミングによってはお得に予約できます。

    JTB
最新情報をチェックしよう!
>ブログでも情報を発信しています

ブログでも情報を発信しています

SeeSaaブログでもWEBサービスの情報を発信しております。 割引や無料などの情報もありますのでお見逃しなく!!

CTR IMG